トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:未分類のエントリー一覧

  • 今回の大阪地震について

    今回の地震で亡くなられた方には心から冥福をお祈りします。特にブロック塀の下敷きになった小学4年生の女の子の犠牲は悲しくてしかたがない。ブロック塀の危険性はすでに40年も前から警告されていたようだが、罰則がないからか特に対策がとられてないようだ。しかし、今回の悲しい事故を契機として自治体はすべてのブロック塀の安全性を調査すべきだと思う。今は、非破壊検査の技術は進んでいるはずだ。自治体は条例で危険なブロ...

  • ゴルフ練習のやりすぎでテニスひじになった。アホや。

    月曜日にゴルフ練習場に行って新しい打ち方を練習したことは書いたが、昨日から右ひじが痛み出し、今日は軽いものも持てないほど痛くなった。月曜日の練習では強くダフった記憶はないのだが、「魚付きドリル」の打ち方でアプローチを300球打った。その後、アプローチウエッジ、7番、5番、3番ウッド、ドライバーを30球ずつフル・ショットで打った。全部で450球だ。やはり、打ちすぎかな。せっかく心を入れ替えて新しい打法にチャレ...

  • 「ゴルフ山本道場」の練習をやってみた

    ここのところ、ユーチューブの「ゴルフ山本道場」をよく見ている。というのも、40代の頃は100以上たたくと「なんじゃこりゃ!」と言っていたのだが、今(62歳)はめったに100が切れない。それどころか120台とか大たたきすることも多い。確かに飛距離は落ちたが番手が一つ違うくらいのもので原因はそれだけではないようだ。そんな時ここに紹介するこの番組を見て、目から鱗が落ちたような気がしたのだ。最近ぼくは特にアプローチで...

  • ホンダ・フィットの最大の弱点

    ぼくは、去年の10月にそれまで乗っていたVWのゴルフからホンダ・フットに乗り換えた。乗り換えた理由はVWの車検費用があまりに高いのと、今後も車検のたびに費用を心配しなければならないのではないかという不安からだった。新しく買ったホンダ・フィットは一番安い1.3ℓのガソリン車だが、これからのことを考えてオプションで10万円ちょっと払ってホンダ・センシングというハイテクな装備をした。それからもう半年以上過ぎたのだが...

  • 秋に二人目の孫が誕生!

    日曜部は連れ合いと市の体育館ジムへ行って筋トレやストレッチをするのが2011年9月からの習慣になっている。市立体育館のジムこの年は福島第一原発が事故をを起こした年で、積極的に体を鍛えないと生きていくのが困難だと悟った時期だ。今日も連れ合いとジムに行って、ぼくが先に上がったので喫煙所でタバコを吸っていてふと気が付いたら・・・なんと、すぐそばの花壇でアジサイが満開ではないか。いい見物ができたね、と家に帰っ...

  • 洗車はディーラーがお得!

    樹液の害(恐るべき、樹液!)からやっと逃れることができて、昨日駐車場を変更し、今日は禊の意を込めて洗車してきた。洗車するのは自宅から5分くらいの近所のガソリンスタンドがいいのか自宅から20分くらいのディーラーがいいのか迷ったが、調べてみると機械式だとどちらも1,000円くらいで差がない。ただガソリンスタンドはセルフ方式だがディーラーはすべてやってくれるということが分かったのでディーラーでやってもらうことに...

  • 楽しいゴルフレッスン番組

    ぼくは今ゴルフが最悪の状態で、スコアは口にするのも恐ろしい(笑)。そんな中、いろいろとネットでゴルフ関連の番組を見ていて、とても楽しい番組があったので紹介する。「ゴルフTV山本道場」だ。山本塾長の主張していることは実はぼくにはあまり理解できないのだが、とにかく番組は面白いのでつい見てしまう。これを実践していいのか悪いのか半信半疑だが、面白いのでゴルフに興味のある方はぜひご覧ください。...

  • 恐るべし、樹液!

    5月の下旬ごろから、駐車しているマイカーに雨も降っていないのに、雨粒のようなものが付着しているのに気が付いた。触ると、雨粒と違ってべとべとしている。どう考えてもこれはそばの木が影響しているのではないかとネットで調べたら、樹液だということが分かった。しかも、放置しておくと塗装が剥げるなどの深刻な影響があるというのだ。これは大変ということで、団地の管理組合に駐車場を変えて欲しいと要望したのだが、駐車場...

  • 皿うどんの正しい食べ方

    アマゾンの無料番組(プライム会員のみ)の「孤独のグルメ  シーズン6」に皿うどんがあったので観たのだが、久しぶりに食べたくなった。  ぼくは麺類が大好きで会社員だったころは柔らか麺の皿うどんに凝ったこともある。最も美味いと思ったのは三軒茶屋の「来来来」、次が秋葉原(今は神田に移転しているようだ)の「長崎飯園」、3番目がやはり三軒茶屋の「長崎」かな。    来来来        長崎飯園(移転...

  • 祝!米朝首脳会談

    世界は間違いなく変わりつつある。変わらないのは日本のアベ政権のみ・・・。...

  • 「続 深夜食堂」を見た。泣けた。

    最近映画はあまり見ていなかったのだが今日は連れ合いも旅行に出ているし、暇だったのでネット(息子がAmazonプライム会員なのでぼくもタダ)で映画版の「続 深夜食堂」を見た。これがとても面白かった。普通はパート1よりもパート2の方がつまらないのだが、「深夜食堂」に限って言えば「続」の方が面白かった。一応、貼っておく。...

  • 面白いブログの紹介

    ぼくのブログを見てくれている人のブログで、ぼくも面白いと思っているブログを紹介する。①おさとうのタナボタひたすらにおいしい食べ物を追及しているブログ。何のお仕事をされているかわからないけれど、大阪中心に、名古屋、東京、博多、その他と取材範囲は広く、毎回本当に美味そうな店を紹介してくれる。まあぼくはとても行けそうにないが。ただこの方はお酒は飲めないらしく(メールで本人に直接聞いた)、甘党なので、甘党...

  • 日本国民必見の番組

    ぼくは2001年にニューヨークで起きた「同時多発テロ」を契機として、アメリカがアフガニスタン、イラクへ侵攻していった過程で、何か変だということを感じていた。そんな時、ベンジャミン・フルフォードというジャーナリストが2006年に発表した「暴かれた9.11疑惑の真相」(20006年 扶桑社刊 DVD付)を読んで、アメリカ政府が発表した9.11事件に対する公式見解はウソであることを確信した。その後10年以上陰謀論(正しくは陰謀暴...

  • 退職男子へのアドバイス(2)

    昨日、料理本よりもネットの方が圧倒的にレシピ数が多くておすすめと書いたが、料理初心者はご飯の炊き方やみそ汁の作り方を奥さんに教えてもらうのから始めるしかない。ご飯の炊き方やみそ汁の作り方を覚えたら、やはり基本的な料理本を見ながら定番メニューを作ってみることだ。ぼくがおすすめする料理本は「ラクうまごはんののコツ」(瀬尾幸子 新星出版社)だ。タイトル通り、この本のレシピは簡単で時間もかからず、しかも美...

  • 退職男子へのアドバイス

    退職した男子は家庭で居づらいという話をよく聞く。幸い我が家は連れ合いが外で働き、息子が家の中で働き、ぼくが主夫をしているので役割分担がはっきりしている。主夫の仕事は、炊事、洗濯、掃除がメインだ。普通の主婦が1日3食家族の炊事仕事をするのは大変だと思うが、ぼくは晩御飯しか作らない。朝食は連れ合いが用意してくれるトースト半分、ヨーグルト、ミルクティー。昼食はぼくひとりなので冷凍の「うどん」か「そば」だ。...

  • 日大・宮川選手は手加減をした?

    日大フェニックスの反則問題で新情報があったので貼っておく。例の宮川選手は、同じスポーツ選手として関学の選手には自主判断で手加減をしたとのではないかという話だ。それにしても、相手を「つぶせ」という命令は止めた方がいいことは確かだ。...

  • 6月には変化が?

    国内問題では相変わらずモリカケ問題が進展しない。状況証拠ではどう見てもアベ政権はつんでいるのだが、絶対投了しない構えを見せている。なんじゃこりゃ?というわけで、精神衛生上よくないのでぼくは現在は国内の政治問題や社会問題に深入りするのはお休みし、自分の身の回りの問題を整理しようと思っている。明日から2日間は仲間と恒例の軽井沢でのゴルフだ。大いに楽しんで来ようと思う。ただ、米朝首脳会談はいろいろと駆け...

  • 朝堂院大覚師もぼくと同意見。

    ぼくは2日前に(日大問題はモリカケ問題のスピン(目隠し)?)という記事を書いたが、朝堂院大覚師も全く同じ趣旨のことをネットテレビで主張されている。マスコミは国民の思考を混乱させるために存在しているのであり、国民が真実に覚醒しないために存在していることは間違いない。昔から学校などでは「新聞を読みましょう」と言ってきたが、ぼくは敢えて新聞、テレビは無視しましょうと言いたい。...

  • 山本太郎は総理大臣候補№1。

    山本太郎氏との出会いは以前にもこのブログでも書いたが、ぼくは某ゼネコンに勤務していて、2011年の12月下旬から2012年の2月上旬までの約2か月福島の除染モデル事業に応援に行っていたのだが、勤務を終えて帰宅する日(2012年2月11日)に偶然新宿駅西口で当時はまだ無名(タレントだったらしいがぼくは知らなかった)の山本太郎氏の演説に出会った。普通はそういう演説はスルーするのだけれど、山本太郎氏の演説は実に説得力があ...

  • 日大問題はモリカケ問題のスピン(目隠し)?

    マスコミは権力の太鼓持ちであることは間違いない。日大のアメフト問題などは、「米朝会談」」や「モリカケ問題」や「残業0法案」に比べれば全く些細な問題だからだ。もっとも、国政にとっては些細だが、日大問題は適正に処理されなければならないことは言うまでもない。この問題は「鯛は頭から腐る」の典型だからだ。ぼくたちが学生の頃はマスコミは第4の権力等などと言われていたが、実際はマスコミはその出自からして権力者の広...

  • 日本大学は反社会的大学?(2)

    ...

  • 「人生の楽園」

    ぼくは現在、テレビはほとんど見ない。一番見ているNHKの番組でも天気予報を週に何度か、BSプレミアム映画も月に1回程度、タモリの番組を月に1回か2回程度しか見ていない。それで月2,000円以上払わされているから、断固下記に紹介する立花孝志を支持する。NHKをぶっ壊せ!それはともかく、ぼくはテレビ朝日の「人生の楽園」という番組は好きで、その後の「ごはんジャパン」とセットでほぼ土曜日は毎週夕食を作りながら見ている。「...

  • 宗教とスピリチャル

    ぼくはある特定の宗教にはほとんど興味がないが、スピリチャルには興味を持っている。スピリチャルといっても範囲は広いが、三輪明宏や江原啓介のような俗人に近い人の言うことはぼくはあまり信用していない。だが、大本教の教祖の出口なおやその養子の出口王仁三郎は本当にスピリチャルな人というか、神様の言葉が聞こえた人なのだろうと思う。ただ、その神様の正体はよくわからない。今回紹介する神様の実体を体感したという人の...

  • ブックオフ・スーパー・バザールはすばらしい!

    ぼくは昨年、軽量ゴルフ・バッグ(キャディー・バッグ)を2個買ってしまい、1個は不要になっていた。軽量ゴルフバッグを買った理由は昨年、ゴルフ宅急便の代金が3割方値上がりしたのでなるべく自分で運ぼうと思ったからだが、2個も買ってしまった理由は最初二木ゴルフで買ったオリジナル品(一万円弱)がクラブを入れると水平になってしまい、持ち運びに不便なのだ。次にテーラーメードの通信販売で買ったものはさすがによく考えら...

  • 日本大学は反社会的大学?

    最近、日大アメリカンフットボールチームと関西学院大学アメリカンフットボールチームが試合をした際、日大の選手が関学の選手に対して明らかな反則行為を行って相手にケガをさせたという、聞きたくもないようなニュースが話題になっている。ぼくが勤めていた会社は、かつてアメリカン・フットボールのチームがあって、日本一になったこともある。そのころ日大出身のアメリカン・フットボール選手はチームの中心だった。実はぼくの...

  • アイフォン利用者に注意喚起!

    ここ3日ほどある事情でブログを更新できなかった。読者の皆さん(あまりいないけど笑)、すみませんでした。それとは全く関係のない話だが、今日はぼくが持っているアイフォンを契約している電話会社のauにいろいろと疑問点を聞いてみた。疑問点というのは、去年の11月まで契約していたソフトバンクに比べ、全般的に高くなっていて、1カ月の料金がソソフトバンク時代と同様の4,000円台のこともあるし、7,000円台のこともあるからだ...

  • 年金制度は国家的詐欺?

    ぼくは60歳で定年すればそこそこの年金で生活できると40代後半までは思っていた。というのもぼくは47歳で2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取り、自分がどれくらい年金をもらえるか分かっていたからだ。確か当時は60歳(65歳だったかもしれない)で厚生年金だけで月額30万円以上はもらえるはずだった。ところがその後忙しくなって、その方面の情報を10年くらい怠っていたらビックリ!何とその10年間で厚生年金と国...

  • 神頼みは以外と効果あり?

    昨日(5/14)、ぼくは仲間と八王子の「武蔵野ゴルフクラブ」というゴルフ場に行った。2、3日前までは当日雨という予報だったがぼくは楽観していていた。というのもぼくはほぼ毎日行く散歩の途中で氏神様の「竪神社」にお参りしているからだ。「竪神社」は雷神をお祭りしているので気象には強い。お陰でゴルフの時にひどい天候だったことはほとんどない。当日は予想通りスタート時間には快晴になった。ぼくは、神頼みは以外と効果が...

  • セゴビアのギターに涙した(2)

    昨日、ギターのセゴビアのことを書いたらユーチューブのおすすめ画像が届いていた。全く世の中は監視社会だ。それはともかく、そのおすすめ画像は面白かったので貼っておく(笑)。...

  • セゴビアのギターに涙した

    最近は夕食づくりの時、ユーチューブで朝堂院大覚師の番組を聞くことが多く、これはこれで勉強になるのだが精神衛生にはあまり良くない情報が多い。真実を知るということは辛いことなのだ。ぼくが10年以上前に9.11事件を契機とした陰謀論(=真実論)関係の研究を始めた時、次から次へと真実を知って暗い気持ちになった。当時は太田龍が日本において第一人者だったが、ベンジャミン・フルフォードも活動を開始していた。、太田龍は...

  • 朝堂院大覚師の主張が素晴らしい

    ぼくは自分の過去のブログで何度か朝堂院大覚師のネットテレビを取り上げてきたが、今、本当に日本の危機を堂々と訴えている人の中ではトップ・レベルだと思う。ただぼくは過去のブログでも書いとおり、ある特定の人を100%信じてはいけないと思っている。そういう意味ではぼくの朝堂院師への信頼度は70~80%くらいかな。朝堂院師のネット番組のイントロや朝堂院師自体のいでたちを見ると、普通の人は超右翼かヤクザではないかと...

  • ぼくは今日から不動産屋

    ぼくは以前某大手ゼネコンに勤務していて、もう16年前にもなるのだが46歳の時に上層部のいざこざががあって本社から東京支店に左遷され、孤独な時代があった。その時、唯一親身にお付き合いをしてくれたのが3年先輩のKさんだった。Kさんは会社の不動産部門に60歳まで在籍され、その後子会社の不動産会社や取引先の不動産会社に勤務されていたのだが、今年4月一念発起されてご自分の会社を設立された。ぼくは以前からKさんから会社...

  • 楽器の演奏は楽しい!

    連れ合いが二胡をはじめて丸1年、今日は彼女の先生の先生(大先生=海みのり先生)が主催する発表会で彼女も初めて出演した。ひいき目はあるがまずは上々の演奏だった。というのも先生との合奏だったので弾きやすかったのだろう。それにしても二胡はバイオリンや三味線や琵琶と同様、フレットがなくて本当に難しい楽器のようだ。しかも、楽器自体取り扱いが難しく、すぐに分解してしまう(笑)。特に二胡の独奏はよほど音感とリズ...

  • 本当は恐ろしい(?)讃岐うどん

    讃岐うどんは香川県内ならどこで食べてもそこそこ美味しい。しかも安い。醤油うどんとかかけうどんが安くて150円、高くても250円くらいか。安くて美味しい讃岐うどんは最高なのだが、実はそこに大きな落とし穴が待っている。うどん玉そのものに大量の塩分が含まれている(茹でると8割程度減少するらしいが)上に、それに出汁をかけたり、醤油をかけ足りして食べるので結構塩分が多い。その上精白した小麦粉が原料なので炭水化物の...

  • My讃岐うどん

    ぼくは香川県(うどん県)出身なので小さい時からうどんを好んで食べていたかというとそうでもない。ぼくが小さいころはもちろんうどんはあったのだがいわゆる機械うどんで全く美味しくなかった。おそらく戦前はうどんは各家庭で手作りしていたのだろうが、戦後はそういう習慣がなくなったのだろう。以前ぼくのブログにも書いたが、ぼくが讃岐うどんの本当の美味しさに目覚めたのは大学生の時だった。高校時代の親友のお父さんが香...

  • 実家の謎

    尾道訪問は実家に帰るついでだったのだが、瀬戸大橋ができて四国と山陽地方は近いんだなあということを実感した。次回実家に帰る時は、安芸の宮島に寄ろうと思う。ぼくの実家は香川県仲多度郡まんのう町というところにあるのだが、こんぴら山で有名な琴平町との境界にある。実際、昔は高松方面からやってくる参拝客が通る旧こんぴら街道の入口がぼくの実家だ。我が家の伝説だが、ぼくの父方の曾祖母とその母が坂出という所からこの...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(6)最終回

    計画していた尾道観光地の訪問を終えて尾道駅に戻る時、少し気になっていたアーケードのある商店街(尾道本通り)を通ることにした。朝「古寺巡り順路」のスタート地点で商店街の入り口を見ていたからだ。予想に反しシャッターを閉めている店は10軒に1件くらいしかなく、まだまだ元気な商店街だった。尾道に何度も来ている兄の推理では旧市街の傾斜地に住んでいる人は道路が狭くて車が使えないのでここでしか買い物が出来ないので...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(5)

    「朱華園」を出て薬師堂通りを海側に少し歩き、左折したところに「おのみち歴史博物館」とその裏手に「おのみち映画資料館」がある。「おのみち歴史博物館」に行くと「おのみち映画資料館」とセットで500円というのでセット券を買う。結論から言うと「おのみち歴史博物館」はぼくには退屈だったが「おのみち映画資料館」はそれなりに面白かった。しかし、「東京物語」の小津安二郎監督と広島市出身の新藤兼人監督の展示はあるのに...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(4)

    千光寺公園の展望台から100mほど山を下って千光寺に参拝し、また山を登ってロープウェイ乗り場へ。尾道ラーメンの有名店「朱華園」の開店時間11:00前に到着するよう、早めに下りロープウェイに乗る。行きのロープウェイは海側に乗ったが、帰りは山側に乗った。山側の景色もなかなかいい。ロープウェイを下りて隣の艮神社に参拝し、いよいよ「朱華園」に向かう。   ロープウェイから見た千光寺   樹齢900年と言われる艮神社...

  • 「可愛いイレーヌ」に会ってきた

    今日はゴールデン・ウィーク前半の最後の日だったが、新国立美術館で開催中(5月7日まで)のビュールレ・コレクションを鑑賞してきた。結論から言って今まで国内で見た中で最高の美術展だったと思う。ビュールレは第一次大戦と第二次大戦で武器商人として財を成し、印象派の絵画を中心に驚くべき質と量のコレクションを保有してきた人のようだ。詳しい内容は新国立美術館のホームページを見ていただくとして、今回、やはり一番見た...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(3)

    今回の尾道旅行の最大の目的は、もう30年以上前に亡くなった親父が50数年前にぼくを尾道に連れて行ってくれた記憶をたどることだった。記憶といっても千光寺ロープウエイと頂上の展望台(2階がレストラン、3階が展望台)のレストランで食べたハムエッグしかないのだが。志賀直哉旧居から天寧寺をお参りして少し歩くと千光寺ロープウェイの乗り口「山麓駅」だ。昔の記憶は全くないが思っていたよりもずっと小さな駅だ。しかし、ロー...

  • 祝!朝鮮統一

    ぼくは現在、毎日見ているブログは少ないのだが、もう10年来毎日見ているのが「ネットゲリラ」(ネットゲリラ)さんだ。そのネットゲリラさんが朝鮮半島統一に絡んで素晴らしい映像を提供してくれたので貼っておく。...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(2)

    パン屋兼喫茶店の「リトル・マーメード」を出て、最初に向かったのが「尾道ガウディ・ハウス」。最初はガウディの作品を展示してあるのかと思ったら、3階建ての古民家だった。廃屋寸前の古民家を地元の有志が再生したということだ。確かに奇妙な外観からガウディを連想させなくもない。                     尾道ガウディハウス        ...

  • 尾道センチメンタル・ジャーニー(1)

    ぼくは今東京の多摩地区に住んでいるが、実家は香川県仲多度郡まんのう町というところにある。実家は普段次兄と老母の二人が住んでいるし、近所には長兄一家もいる。そういう意味では何の心配もないのだが、最近老母と一緒に暮らしている次兄が旅行で何泊かするときにぼくが実家に帰るようにしている。その方がいろいろと効率的なのだ。というわけで、ぼくは4月22日の夕方から4月26日の夕方まで4日間実家で主夫をしてきたのだが、...

  • 明日から1週間ブログを休みます

    明日の夜、新宿発の高速バスに乗って尾道に行き、半日尾道を観光して郷里の香川県まんのう町に到着する計画だ。尾道は「尾道ラーメン」を最大の楽しみにしているが、ぼくが昔行った千光寺ロープウエイとか「東京物語」で有名な浄土寺への訪問を楽しみにしている。帰ってきたら、またその報告を書きたいと思う。...

  • 勤王の志士は今のIS③(とりあえず最終回)

    ぼくは国民作家といわれる戦前の「吉川英治」や、戦後の「司馬遼太郎」は、それこそ時の権力が国民的作家に仕立てあげたのだろうと今は思っている。ぼくも彼らの小説を読んで面白いと思ったことはある。しかし史実に関することに関してはまず出鱈目であることは間違いないと思っている。そうそう、ノンフィクション(?)作家の立花隆というのもいたな。要は時の権力が特定の作家に目をつけ、目をつけられた作家がカネと引き換えに...

  • 勤王の志士は今のIS②

    司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で決定的に欠けているのが資金の流れだ。なぜ、実在の龍馬は海援隊という組織を作れたのか。その資金源は誰だったのか。客観的に考えてグラバー以外にいない。ぼくは坂本龍馬は本人は大きな夢を持っていたとしても、客観的にはグラバーの工作員にすぎなかったと思っている。坂本龍馬は誰が暗殺したのかは今でも謎だが、口封じのためにグラバーが暗殺者を雇ったのではないかとぼくは睨んでいる。ちなみに...

  • 勤王の志士は今のIS①

    普通の日本人は明治維新で日本が封建制から解放されて近代国家になったと思っている。そこで活躍したのが坂本龍馬ということになっている。たぶん今でも文部省公認の教科書にはそう書いているのだろう。特に決定的に大きい影響を与えたのは司馬遼太郎の小説「竜馬が行く」だ。ぼくも10年くらい前まではそう思っていた。ところが何かの本で読んだところによると、「坂本龍馬」は実在の人物だが、「坂本竜馬」は司馬遼太郎があくまで...

  • 4月22日(日)に尾道に行きます。

    来週、実家の四国・香川に帰るついでに尾道に寄って来る予定にしている。ついでといっても多少回り道だが(笑)。尾道は以前ぼくの4コママンガでも描いたのだが、ぼくが5~6歳の時に親父が親戚の家に行く時に連れて行ってもらって以来50数年行っていない。50数年前は香川県の多度津港(ぼくの実家は香川県まんのう町)からフェリーに乗り、鞆の浦港に行った気がする(下のマンガでは宇高連絡船になっているが、たぶん間違い)。鞆...

  • モリカケ騒動の行方

    おそらくアベ政権は早くて今月、長くても1~2カ月以内には無くなるとぼくは予想しているのだが、問題はその後だ。石破あたりが後を継いでも全く希望が見いだせない。かといって今の野党も政権交代するには力不足だ。しばらくは混乱が続くのだろう。それはともかく、この前、元上司や先輩とゴルフをしてその後一杯やったのだが、彼らは「民主党」が日本を崩壊させかねなかったという共通の認識を持っていて、政府から官房機密費をも...

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード