トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:未分類のエントリー一覧

  • オードリー・ヘプバーンの相手役はなぜおじさんばかりなのか?

    オードリー・ヘプバーンの映画はすべて見てみたいと思っているが(オードリー・ヘプバーン)、今日は前に録画してあった「シャレード」(フランス語で「謎解き」という意味だそうだ)を見た。古典的なサスペンス映画の範疇ではあるが、今見てもおしゃれだしユーモアもあるし何よりラストのどんでん返しが楽しめて、とてもご機嫌な映画だった。それにしても若いころのオードリー・ヘプバーンの相手役はなぜおじさんが多いのだろう。...

  • 今日の朝堂院大覚師の「JRPテレビジョン」は出色の出来だった

    ぼくはここのところ朝堂院大覚師が運営するインターネットニュースの「JRPテレビジョン」をほぼ毎日見ている。もちろんぼくが過去の自分のブログに書いた(他人を崇拝してはいけない)ように、朝堂院大覚師を崇拝しているわけでもなく、全面的に信用しているわけでもない。ただ、これだけ何にも忖度することなしに自由に意見を述べている人は他にめったにいない(おっと飯山一郎さんがいたか)ので、興味深く見ている。そういうい...

  • 新型ホンダ・フィットの重大な「欠陥」(3)

    前回ぼくのブログで書いたようにホンダ・フィットのワイパー問題は今できることでとりあえず妥協することにした。しかしホンダ・センシングのような安全に関する素晴らしいハイテクを搭載するクルマが、ワイパーが物理的に不具合というローテクな原因で安全に問題がありそうということは皮肉なことだ。しかし考えて見るとこういう問題は何もホンダに限ったことではなく、今の日本の大企業の縮図のような気がする。三菱自動車や日産...

  • 新型ホンダ・フィットの重大な「欠陥」(2)

    ぼくは11月8日のぼくのブログで新型フィットの「欠陥」について書いた(新型ホンダ・フィットの重大な「欠陥」)。ディーラーに最初に伝えたのだが反応がにぶく、メーカーのお客窓口にもメールしたが「担当部署に伝えておきます」という通り一辺倒な回答だった。日本の代表的な企業のホンダだが残念ながら「消費者ファースト」という姿勢は見られない気がする。そこで今日意を決してディーラーに再度「欠陥」を伝えたのだが、「で...

  • 散歩ができる幸せ

    この1週間のパート騒動(といっても勝手にぼくが騒いだだけだが)で、しばらく散歩ができなかったのだが、今日久しぶりにできた。ぼくは多摩ニュータウンの田舎に住んでいるが、そのおかげで散歩にはとても都合がいい。散歩コースにクルマの通る道はほとんどないし、何より緑(今は赤や黄色)が多くてとても美しい。この幸せを手放してまで外で働こうと思ったのは魔が差したとしか思えない。今のぼくにとって一番大切なのはお金よ...

  • 新型ホンダ・フィットの重大な「欠陥」

    ぼくは10月にそれまで乗っていたフォルクスワーゲン・ゴルフを捨て、今年6月にマイナー・チェンジしたホンダ・フィットに乗り換えた。(さようならゴルフ こんにちはフィット)車内は広いし乗りごこちもいい。また期待していたように燃費も約15km/Lと問題ない。ただ唯一の欠点がワイパーがフロントガラスの右端から10cmくらいで止まることだ。先日の台風の時に運転した時は、ワイパーが届かない右側のフロントガラスのその10...

  • 漫画家への再チャレンジ

    ぼくは、好条件で採用してくれた会社のパート(ぼくはパートに出た)を1週間も経たずに昨日辞めてしまった(出勤日3日)。会社の人はみんな親切で良くしてくれたのだが、定年退職してから2年間主婦業以外は自由気ままな生活をしていたものだから、体も心もついていかないのだ。採用してくれた会社にはたいへん申し訳なく思っている。外で働くのはもう無理だということが分かった貴重な体験だった。そもそもパートで働こうという動...

  • アンドレイ・タルコフスキーの「ノスタルジア」を観た

    タルコフスキーといえば何といっても「惑星ソラリス」が有名で、ぼくも若かりし頃観たがあまり良くわからなかった。そのタルコフスキーの最晩年の作品ということでNHKBSで録画していた「ノスタルジア」を昨日観た。これも良くわからない(笑)。冒頭の10分くらい観てこれは退屈な映画に違いないと思い、観るのを止めようと思ったのだが、あまりの映像の美しさ・不気味さについ最後まで観てしまった。映画は面白いから観るのが普通...

  • ぼくはパートタイマーに出た

    ぼくは11月2日から、新宿の不動産管理会社にパートに出ている。週3回、10:00~16:00の1日5時間(昼休みを除いて)、時給1,200円という好条件だったので応募して採用された。ところがぼくは机の前に座っていたらいいのかと思いきや、いきなり現場回りの仕事を与えられて右往左往している。それでも社員の皆さんはぼくの何倍も仕事をされているように見えて、やはり世の中は甘くないなあとつくづく思う。石の上にも3年というがいつ...

  • 建設業に勤める後輩へのアドバイス

    建設業界、とりわけ大手ゼネコンは現在絶好調で社員の年収もずいぶんアップしたということを聞いている。大手ゼネコンOBのぼくとしてもうれしく思う。こういう現象は1964年の東京オリンピック前や1990年代前半の建設バブル期にもあった。戦後おおむね四半世紀に1回はあったということだ。そこで後輩たちにアドバイスしたいことは、こういう建設バブルは決して長続きしない(5年は続かない)ので従来よりも上乗せになった収入を賢く...

  • おしりだって刺激がほしい

    ぼくは、以前のブログでウオシュレットが壊れたのでクラシアンという会社から新しい温水洗浄便座(ウオシュレットはTOTOの登録商標)を買ったことを書いたが、新しい温水洗浄便座についてクラシアンからアンケートが届いたので正直に「前に使っていたウオシュレットよりも水勢が弱い」と答えたところ、設置してくれた担当者から電話があった。その内容は、「今の温水洗浄便座は各メーカーとも以前よりも水勢が弱い。クラシアンの製...

  • NHK・BSの「100分DE名著・ブッダ真理の言葉」はいい番組だった

    ぼくはこの3日間いろいろと用事があってブログの更新ができなかったのだが、ランキングが上昇していたので不審に思っていたところ、原因が分かった。ぼくのブロ友の亀さんがぼくとのやりとりをブログに書いてくれたこと(人生は冥土までの暇潰し)を、さらに飯山一郎さん(飯山一郎のLittleHP)がそれを公表してくれたことだ。もっとも飯山さんには「阿呆」と言われてしまったが(笑)。しかしブログの更新の労力なしにランキング...

  • 笑いつつ涙を流す江戸落語

    夕食を作りながらユーチューブを見聞きするのはぼくの日課だが、最近は朝堂院大覚師の「NET TV ニュース」(NET TV ニュース)と古今亭志ん朝師の落語を聞くことがほとんどだ。古今亭志ん朝師の落語はユーチューブ上にあるものはほとんど聞いたが今日まだ聞いてない演目を発見してうれしかった。それは「子別れ」だ。江戸落語のすばらしいところは上方落語にはない(少しはあるのかもしれないが)人情噺だが、志ん朝さんは人情...

  • 年金請求の話

    ぼくは昨日62歳の誕生日を迎えたので、早速今日所轄の年金事務所に訪れて年金の請求手続きをした。ところがぼくが用意していた戸籍抄本と住民票の発行日付が誕生日の1日前以前ということと、配偶者の納税証明書が原本でないということで完全受理はしてもらえなかった(不完全な書類は後で郵送可とはなったが)。確かに説明書を良く読むとその通りなのだが、かなり分かりにくい。ぼくと同じ世代でこれから年金請求をしようという人...

  • 宮ケ瀬ダムの観光放流を見物した

    新しく買った車の慣らし運転も兼ね、昨日宮ケ瀬ダムに初めて行った。宮ケ瀬ダムはぼくが勤めていた会社が建設共同企業体(JV)の代表だったし、ぼくの元ボス(直接の上司ではなく支店長)がJVの所長を務めていたダムなのだが、多摩の自宅からはクルマで1時間ちょっとなのに不謹慎にも一度も行ったことがなかった。実は遠くて行くのは大変だと思っていたのだ。家族から宮ケ瀬ダムの観光放流を見に行こうと提案があり、やっと今回初...

  • ひと月ぶりの散歩

    ぼくは週3回1時間ほど自宅周りを散歩するのが習慣だったが、9月22日に右足首を捻挫し、さらにここのところ雨続きで、今日約1カ月ぶりに散歩することができた。久しぶりの散歩で疲れたがやはり散歩はいいもんだ。この1カ月の間に木々もすっかり色づいて季節を感じた。それにしても、捻挫したことで、歩けるということは実に幸福なことだと気づかせてくれた。散歩道の景色 ...

  • スターリン 「選挙結果は開票者が決める」

    まあ予想された選挙結果だが、それはそれで今後どう動くのかなあ。スターリン...

  • さようならゴルフ こんにちはフィット

    9月8日の本ブログ(ついに新車を買ってしまった)で新車を買ったことを書いたが、昨日納車となった。処分したゴルフは2001年製のゴルフⅣを2006年に中古で買ったものだからもう11年以上乗った。いい車だったが、ガソリンがハイオクの上、燃費が悪く7km/Lくらいしか走らない。しかも来年2月の車検の見積をしてもらったところ40万円くらいかかることが分かり、これ以上ゴルフに乗ることには家族の反対もあって僕としては泣いて馬謖...

  • 主夫、パートに出る。

    ぼくは2年前勤めていた会社を定年退職してから主夫として気ままに過ごしてきた。しかし最近、自分の小遣い用の口座残高がどんどん減っていくので何とかしなければならないと思うようになり、ネットでアルバイトの求人情報を調べていた。主夫は続けなければならないので週に3~4回、一日5時間労働で時給1,000円以上の条件で検索していたのだが、これがあったのだ。新宿駅近くにオフィスを構える中小の不動産屋さんで昨日面接に行っ...

  • 自・公・維新・希望は同じ穴のムジナ

    前回の本ブログでも書いたように今回の選挙も不正が行われるようなら選挙に行かないという選択もある。しかし、ぼくは今回もこれからも選挙には行くつもりだ。今回の選挙が不正であっても次回、次回が不正でも次々回に期待しようと思う。民主主義は根気だ。...

  • 選挙の開票・集計はすべて手作業で行うべし

    アメリカの大統領選でブッシュ・ジュニアとアル・ゴアが戦った時、初めて不正選挙の噂が明るみに出た。当時、初めて開票・集計にコンピュータが使われたころだ。10年ぐらい遅れて日本でも選挙の開票・集計にコンピュータが使われ始め、それは現在も進行中だが、その間おかしな現象が続発していることは少し政治に関心のある人間には常識だ。例えば都知事選で言えば、猪瀬、舛添、小池の地区別得票率が上下にブレはあっても全く同じ...

  • 「ブータンに魅せられて」に魅せられた

    9月27日の本ブログ(ブッダの君主論)で「ブッダの説いたこと」という本について記事を書いたが、この本の翻訳者の今枝由郎氏が「ブータンに魅せられて」という本を書いていたことを知って読んでみたくなり、図書館で借りて読んだ。 結論から言えば予想以上に素晴らしい本だった。ブータンといえば2011年に美男美女の国王と王妃が国賓として日本を訪れた時にフィーバーし、「国民総生産」(GNP=Gross National Product)ならぬ「...

  • ついに小型軽量のキャディー・バッグを買った

    10月7日の本ブログ( ゴルフバッグ宅配便の値上がりがすごい! )でも書いたが、往復宅急便が近県でも2,500円から3,300円に値上がりしたので、ぼくは昨日ゴルフショップに行って小型軽量のキャディー・バッグを買った。価格は税込みで1万円弱。3回持って行けば元が取れる計算で、年内に元が取れる予定だ。今までのように13本のクラブすべてを収納することも一応可能だが、重いし、持ち運ぶ際には10本に減らそうと思っている。3...

  • 日本銀行が民間企業だということを知っていますか?

    ぼくたち普通の日本人は日本銀行は国の銀行で公的機関だと思っている。同様にアメリカ人の大多数もFRBは政府機関だと思っているし、もっと言えばBIS(国際決済銀行)も世界の公的金融機関だと思っている人がほとんどだと思う。しかし、事実は全く違っていてすべて民間の金融機関なのだ。それらはすべて国際寡占金融資本家が牛耳っている。ただ、その明らかな事実をマスコミは一度も書かないし放送もしない。なぜならアメリカも日本...

  • 過ぎたるは及ばざるがごとし

    今日は81歳の叔父と取手桜ケ丘カントリークラブでラウンドした。とにかく季節外れの暑さで閉口したが、ぼくはアウト44イン50の94でトータル100が切れたので、とりあえず満足のいくラウンドだった。ここのところ極端に下手になったのは、捻挫したこともあって暇にあかせて本やユーチューブ等で情報をたくさん見すぎたたせいではないかと思った。というのも先週の土曜日久しぶりに練習場に行ってすべての他人の理論を棄て去って、自...

  • 孫に会いに行く。

    今日は柏市の柏の葉キャンパスに住む息子のマンションに孫(女の子)に会いに行った。誕生して1年3ヶ月以上経つけれど、前回生後1年目に会った時とは段違いに成長していたので驚いた。前回は赤ちゃんだったのに今回は幼児になっていたのだ。人間は1歳過ぎると急速に進化するのだなあと感動したし、この孫のためにもがんばろうという気になった。本当は写真を添付したいところだけど、肖像権の問題 (笑)もあるから控えます。...

  • ゴルフバッグ宅配料金の値上がりがすごい!

    昨日のよみうりカントリークラブでのゴルフコンペは悪い予感が当たり、なんと126というものすごいスコアをたたいてしまった。たぶんゴルフを始めた頃を除くと最低新記録だ。それにしても新しいドライバーだけを持って行っていきなり使ったのは無謀だった。全くボールに当たらないのだ。従来のドライバーも持っていけば良かったのだが後の祭りで、そのうちアイアンもおかしくなってきてシャンクを連発してしまい、悪夢のようなラウ...

  • 明日は東京よみうりカントリークラブでコンペだ!

    満を持して出場するはずだった明日のゴルフコンペは、先々週右足首を捻挫したことによって出場も危ぶまれたが、何とか出られそうだ。実は捻挫する前に新しくドライバーと3番ウッドを購入していたのだが一度も練習することが出来なかったので、明日が筆おろしというヤバイ状況だ。まあ、運を天に任せるしかない。それでも久しぶりにゴルフができるというのは幸せなことだ。昔からゴルフができる幸せについて「ゴルフができる健康、...

  • 原爆も原発も時代遅れ

    ぼくは日本も核武装したほうがいいと思ったこともある。しかしそれでは何も解決しないどころか、日本も人類も終わる可能性がある。なので今は日本は核武装するのではなく、核兵器を超える武器を開発すべきだと思っている。もちろん防衛用だ。たぶんそれは可能なのではないか。たとえば、シン・ゴジラのような(笑)。原子力発電も同じだ。原発は核兵器製造のために存在しているだけで発電コストや事故の影響を考えると全くクレージ...

  • 東京よみうりカントリークラブにもカート導入!

    ぼくはI市ゴルフ協会の役員をしている関係もあり、10月6日に東京よみうりカントリークラブで開催される協会主催のゴルフコンペにはぜひ出場したいと思っている。ただ2週間前に右足首を捻挫したので明日の調子次第だ。救いは東京よみうりカントリークラブは今年の8月からカートを導入したということだ。東京よみうりカントリークラブは名門の名前を汚さないためかどうか今年の夏までカートを導入していなかった。ただメンバーも年...

  • ウオシュレットが故障した!

    良くないことは続くもので、ぼくは先々週右足首を捻挫して不自由な生活を送っていたのだが、先週10年以上使ってきたウオシュレットが故障して動かなくなった。ネットで調べて多くのチェーン店を持つS社とクラシアンという会社から見積を取った。S社はリクシル社製の温水便座で工事費税込み約73,000円だったがクラシアンは自社製の温水便座で工事費税込み約41,0000円だったので、即クラシアンに頼むことにした。使ってみて、従来使...

  • 日本女子オープンゴルフ 畑岡選手に脱帽!

    ぼくは9月21日に右足首を捻挫して以来3日間は全く歩くことができず、その後も歩くことは止めたほうが良さそうだということでほとんど家から出なかった。その結果先週は映画の紹介をたくさんすることできたので自分では勝手に「怪我の功名」だと思っている。そんな中、ゴルフの日本女子オープンが先週後半からNHKのBSと地上波で放映されていたのでゴルフ好きのぼくはほとんど見ていた。最終日の今日は体育館のジムでストレッ...

  • 10月のNHK・BSプレミアムシネマに注目!

    ぼくは今のNHKは大嫌いだが、BSには見るべき番組もある。例えば岩合光昭の猫シリーズ(笑)とか、プレミアムシネマとか。ぼくはNHKの地上波は出世コースの人間が占めていて、BSは(わざと)落ちこぼれた人間が運営しているのではないかと勝手に推測している。BSの方が昔のNHKのハートがあるのだ。それはともかく、NHKのBSプレミアムシネマは確かにプレミアムな映画をたまに放映していてぼくはたまに録画している。BSプレミアムシネ...

  • 消費税廃止・法人税増税・累進課税強化に賛成

    総選挙だ。もりかけ解散といわれているが、いろいろな意味でリセットすべき時期なのだと思う。ぼくの予想では自民党は大敗する。安倍政権はもちろん吹き飛ぶ。安倍晋三は訴追される可能性もある。だからといって、原発がすぐストップするわけでもないし、普天間が中止されることもないだろう。要するに看板のかけ替えをしないと日本はもたないと日本の真の支配者は決断したのだろう。日本の真の支配者が誰かはぼくは知らない。とに...

  • 中年のオードリー・ヘプバーンも美しかった

    先週、右足首を捻挫してから家事は家族がやってくれているので時間だけはたくさんあった。そこで、録画しておいた映画を毎日見ていたのだが、昨日見た映画は「ロビンとマリアン」('76米・英 監督リチャード・レスター 出演オードリー・ヘプバーン、ショーン・コネリー、ロバート・ショウ)。前にブログで書いた(オードリー・ヘップバーンは美しいだけでなく天才女優だった)ように、なるべくオードリー・ヘプバーンの映画は見...

  • あなたは「クレクレタコラ」を知っているか?

    ぼくは伊勢に大学時代の友人がいて、4年前に30年以上ぶりに再会し、伊勢神宮に参拝した。内宮に参拝する時の心構えとして、「正宮(しょうぐう)ではいろいろな願い事をお願いするのではなく清らかな心でご挨拶する気持ちで参拝しなかればならない。クレクレタコラのお願いは荒祭宮(あらまつりのみや)でするように。」と言われ、ぼくは「クレクレタコラ」は知らなかったが意味は分かったし、その表現がとても面白くて印象的だっ...

  • 映画「アフリカの女王」は冒険活劇の原型だ

    ここのところ捻挫の養生のため、家事をさぼって映画やユーチューブを観たり本を読んだりしているが、昨日はぼくの尊敬する映画評論家の故・双葉十三郎氏が星☆☆☆☆をつけた「アフリカの女王」(英'51 83分 監督ジョン・ヒューストン 出演ハンフリー・ボガード、キャサリン・ヘプバーン)を見た。これもBSプレミアムシネマを録画していたものだ。あらすじは、第一次大戦開戦時にドイツ領のアフリカの奥地で牧師の兄とともにキリスト...

  • ブッダの「君主論」

    昨日は家事を一切放棄し、酒も節制(缶ビール2本だけ)したところ、今朝は捻挫の具合が頗るいい。やはり捻挫にアルコールは禁忌だ。今日も缶ビール2本だけにしておこう(笑)。昨日は暇だったので映画「あん」を見た後、図書館で借りていた「ブッダが説いたこと」(ワールポラ・ラーフラ著、今枝由郎訳・岩波文庫)を読んだ。著者のラーフラ師(1907-97)はセイロン(現スリランカ)生まれで伝統的修業を積んだのち僧侶を経てセイ...

  • 河瀬直美監督の「あん」は素晴らしい!

    昨日、捻挫の痛みもだいぶ癒えてきたと思い、普通に夕食を作ったり酒を飲んだりしたのがいけなかった。夜半から足首が猛烈に痛くなり、決められた分量以外の鎮痛消炎剤を飲みなんとか今朝を迎えることができた。捻挫を甘く見てはいけないということを強烈に思い知らされた。そこで今日は椅子に座るかソファに座ってできること以外何もしないと決めた。そこで以前NHKBSプレミアムで録画しておいた河瀨直美監督の「あん」を見ること...

  • 歳は取りたくないもんだ(2)

    昨日の朝から痛み出した捻挫の症状はお昼頃がピークでその後整形外科へ行って飲み薬、張り薬、サポーターなどの処置をして夜には一応落ち着いたのだが、一晩経った今日の朝も痛みが残って歩くのが不自由だ。今日は神田で重要な用件(宅地建物取引士法定講習)があったのだが、昨日のうちにキャンセル・延期しておいて良かった。一昨日は夜に捻挫する前に、クルマ購入のための書類を整えたり英会話をしたりとやる気満々だったのだが...

  • 古今亭志ん朝さんの名作

    今日は結局同居している次男に整形外科に連れて行ってもらい、医者に薬を処方してもらって飲んだり張ったりした結果、痛みはほとんどなくなった。今日は連れ合いが夕食も作ってくれるというので急に暇になり、さっきまで古今亭志ん朝さんの落語を聞いていた。ユーチューブで聞ける志ん朝さんの落語でまだ聞いていない作品は少なくなってきたのだが、今日聞いた「佃祭」というのは人情あり、爆笑あり、落ちも効いていてバランスの良...

  • 歳は取りたくないもんだ

    60歳を過ぎるとそれまで経験したことのない肉体上のトラブルが起きる。今日も朝起きると右足首が痛くて、それでも連れ合いを車で送ってその帰りにスーパーで買い物をしようとしたらさあ大変。びっこを引きながらなんとか買い物は済ませたのだが、自宅に帰るとあまりの痛みに這って移動する始末。幸い「ボルタレン・ゲル」という消炎鎮痛剤を塗ったら少しはマシになったがまだ痛む。原因は昨夜寝る前に自宅の自室で少しよろけた時に...

  • 飯山一郎と朝堂院大覚

    ぼくは飯山一郎氏のブログ( 飯山一郎のLitlleup)が好きでこの数年間ほぼ毎日愛読してきた。一方、朝堂院大覚氏のネットテレビも1~2年前に知って今はほとんど毎日見ている。去年まではほぼ両者の言うことに共感することが多かったのだが、今年の1月(2月?)に安倍総理がトランプ大統領に会って大歓迎を受けたということで飯山一郎氏は安倍総理マンセーになってしまった。ジャパン・ハンドラーズのアーミテージやマイケル・グリー...

  • 外国語の学習は楽しい

    ぼくは受験勉強や単位取得のための外国語の学習は苦痛でしかなかったが、自主的に学ぼうと思った外国語の学習は楽しかった。ぼくの場合、2011年にフランスに旅行した時や2015年にイタリアに旅行した時の直前にそれぞれの言語を約半年~1年間NHKラジオのストリーミングで学習してその当時は楽しかった思い出がある(実はその前にスペイン語も学習していた)。それでぼくのプロフィールの趣味の一つに外国語を挙げているのだが、夕食...

  • 陸上部の思い出

    昨日、桐生選手が日本人で初めて100m走で10秒を切ってうれしかったという話を書いた。今日は、それに触発されてぼくが中学・高校時代に陸上部にいた頃の思い出を少し書いてみる。少し遡ることになるが、ぼくはもともと足が速かったわけではなく、小学生の低学年の頃、足の速い先輩を見てぼくもそうなりたいなあと憧れをいだいたのが速く走りたいというきっかけっだった。当時は小学校の運動会のメイン・イベントは部落対抗リレーで...

  • 祝!10秒の壁突破

    ぼくは、中学・高校と陸上部で短距離の選手だったので、100m走は今でも興味がある。日本人はとても世界では勝負できないと思われていたが最近有力選手が何人か現れて面白くなってきたと思っていたところ、今日桐生選手がインターカレッジで日本人初の10秒を切った(9秒98)ということでますます面白くなってきた。ぼくはサニブラウン選手が最初に10秒を切ると思っていたので純粋の日本人(?)がまず10秒を切ったことは正直うれし...

  • ついに新車を買ってしまった

    ぼくは以前のブログで「外車は高くつく?」という記事を書いた。結局、エアコンの不調は25,000円程度で済んだのだが、次回の車検(2018年2月)の概算見積をしてもらったところ約40万円という。もちろんその後も2年間ごとの車検に40万円かかるわけではないが、連れ合いからも息子からも今のゴルフを維持することに強い反発があって、この1週間、国産車の新車・中古車の購入を検討していてブログの更新も容易ではなかったW。結局今日...

  • ひさしぶりのマンガ

    ひさしぶりにマンガをアップする。あるマンガ・コンテストに応募したもので、テーマは「旅」、題名は「未知との遭遇」とした。感想などいただけるとありがたい。未知との遭遇...

  • 「駅馬車」をやっと見た

    ぼくの尊敬する映画評論家の双葉十三郎氏(1910~2009)が「外国映画ぼくの500本」(文春新書)で絶賛している「駅馬車」をやっと見ることができた。見ようと思えばレンタルショップで借りればいつでも見れたのだが、ぼくがこれまで見なかったのはインディアン(アパッチ族のジェロニモ)が駅馬車などを襲うはずがないと思っていたからだ。果たして映画を見た後にウイキペディアで「ジェロニモ」について調べてみると家族を白人(...

  • 武田鉄矢の今朝の3枚おろし「福井モデル」について思うこと

    北陸の福井、富山、石川県が元気だそうだ。ぼくもちょっと意外だったのだが、武田鉄矢の「今日の3枚おろし」の「福井モデル」を聞いて納得した。武田鉄矢の今日の3枚おろし「福井モデル」実は、この番組は「福井モデル」といいながら、富山の話題で終始しているのだが、それがいい。富山はとにかく街の中心に人を集める工夫をしていて、たとえば田舎からバスで富山市の中心街に来たなら、どんなに遠くても100円だそうだ。そのかわ...

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード