FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2018年09月のエントリー一覧

  • 大原美術館の謎(1)

    ぼくにとって大原美術館の謎は、なぜ倉敷のような片田舎に世界的な印象派の絵画が多数あるのかということだったが、今回40年ぶりくらいに再訪し、納得がいった。大原美術館の公式サイト(大原美術館)によると「大原美術館は、倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家大原孫三郎が、前年死去した画家児島虎次郎を記念して昭和5年に設立した、日本最初の西洋美術中心の私立美術館です。 日本美術のコレクターでもあった孫三郎は、親しい友...

  • 明後日は倉敷へ

    最近、郷里の四国・香川県に帰省することが多くなったことは以前のブログ(安芸の宮島に行った(1))でも書いたが、今回の帰省前の観光は倉敷だ。倉敷は会社に入ったころ、今の連れ合いと初めて行ったような気がするが、その後行った記憶はない。もし、それ以来だとするともう40年以上になる。倉敷と言えば、何といっても大原美術館が素晴らしい。東京にいても常設で大原美術館以上の印象派の傑作は見られないような気がする。も...

  • 不思議な出来事

    不思議な出来事というのはあるもので、ぼくのブログ(FC2の日記・その他部門)が今日初めて88,765人中100位を切った(93位)ことだ。超有名ブロガーだった故飯島一郎氏がぼくのブログを取り上げてくれた時でも、やっと200位を切ったくらいが最高記録だったので、驚いた。昨日アップしたのは、「公認心理師試験騒動(2)」と「大地震は来る。それも近いうちに。」というタイトルの2記事で、「公認心理師試験騒動(2)」は一部の人...

  • 大地震は来る。それも近いうちに。

    いつ、どこ、なのかはもちろんわからないが、ぼくがリサーチしているネット上の複数のサイトではかなり切迫(1年以内)しているようだ。一般の家庭で用意できるのは、水、非常食料、卓上コンロとボンベ、スマホ用の充電器(乾電池用)と乾電池、簡易トイレ、くらいだろうが最低1週間くらいの備蓄があれば安心だ。それにかかる費用は1万円程度だろう。1年以内に来なければ良し、その後も「備えあれば憂いなし」だ。ぼくも明日から徐...

  • 「公認心理師」試験騒動(2)

    ぼくは8月28日に(「公認心理師」試験騒動)という記事(「公認心理師」試験騒動)を書いたが、その後の顛末を報告する。以前書いたように、ぼくの連れ合いは臨床心理士で、「心理カウンセラー」としてすでに25年以上のキャリアを積んできたが、国家が公認する「心理カウンセラー」になるためには新しくできた国家試験である「公認心理師」試験をパスしなければならない。この9月9日が試験日だったが、連れ合いは複数の予備校の速...

  • 「男はつらいよ」最終作(第48作)について

    ぼくは9月14日の拙ブログで津山について書いた「津山観光記」が、今回「男はつらいよ」最終作(第48作)のDVDをツタヤから借りて観たところ、確かに過去に観たことがあった。ただ、津山のロケ地と言われているところは映画の中でも冒頭の「美作滝尾駅」を除けば一瞬であって、この前行ったばかりのぼくでも良くわからなった。(冒頭の「美作滝尾駅」に続いてクレジットタイトルが出るが、その背景のお祭りシーンが津山市内の景観保...

  • 選挙は人の手で

    今回のアベ勝利もぼくからすれば当然の事だ。なぜならばここ数年の重要な選挙(おそらく2010年の民主党代表選挙からすべての国政選挙、自民党総裁選挙、都知事選挙等)は、すべて不正選挙の疑いが強いからだ。今回ぼくのブログでは詳しく触れないが、今の選挙は民間企業がコンピュータを使って開票を請け負っている。それもムサシ(ムサシ・エンジニアリング)という会社が80%くらいのシェアを持っているということだ。ちゃんと入...

  • 彼岸花を見に行った

    彼岸花と言えば埼玉県日高市の巾着田が有名だが、そこから学んで彼岸花畑を作ったのが、ぼくの家から車で10分ほどの「府中郷土の森博物館」だ。「府中郷土の森博物館」は本館以外に広大な公園を持ち、四季ごとにいろいろな花が楽しめる。今日はちょうどシーズンの「彼岸花」を見に行った。ぼくは巾着田には行ったことがないし、彼岸花畑も見たことがなかったので、大変感動した。近所の方は今週中は楽しめると思うので、ぜひオスス...

  • サムハラ神社について

    以前、サムハラ神社奥宮にお参りしたことを書いた(「加茂サムハラ神社奥宮」に行った!)がサムハラ神社について、改めて詳しく書こうと思う。ぼくがサムハラ神社のことを知ったのは、保江邦夫という人の本(「神様とつながった電話」)だった。保江邦夫という人は著書の紹介によると「1951年岡山生まれ。UFOの操縦を夢見る宇宙少年は東北大学で天文学を、京都大学大学院、名古屋大学大学院で理論物理学を学ぶ。その後ジュネーブ...

  • 津山観光記

    今回津山に行ったのは「サムハラ神社本宮」を訪れるのが最大の目的だったので、「サムハラ神社本宮」を訪れた後の津山観光はぼくにとってはオマケだった。「サムハラ神社本宮」のある美作加茂駅から津山に戻ったのはまだ朝の9時30分前だったが、駅に置いてある観光案内書は地図がなかったり、あっても縮尺がわからなかったり、いい加減なのだ。そこで駅員に教えてもらって観光案内所に行って情報を仕入れることにした。そこでわか...

  • 「サムハラ神社」奥宮に行った!

    先日、「サムハラ神社奥宮」に行ってきますと報告した(「サムハラ神社」奥宮に行ってきます)が9月7日の朝に実現できた。東京方面からだとバスタ新宿から夜9:45発のマスカット号に乗ると翌日の6:35に津山駅に到着する予定だったが、実際には6:15分くらいには到着したので、イートイン可能な50m先のファミリーマート(駅構内のセブン・イレブンは評判が悪いしイートインもない)でトイレに行ったり、腹ごしらえをする時間があ...

  • 「サムハラ神社」奥宮に行きます

    3週間前に帰省したばかりなのだが、老母と同居している兄がまた3泊4日で上海に旅行するということで、その間(7日~10日)帰省することになった。習慣になってしまったが帰省の前の観光地として今回は岡山県津山市を選択した。なぜ津山市かというと、ここには「サムハラ神社」の奥宮があるのだ。大阪にある「サムハラ神社」は知る人ぞ知る、厄除けで有名な神社だが、ここはその奥の院ということで、決心しないとなかなか行けない所...

  • タネは人類の糧

    ある種のユダヤ人(もちろん偽ユダヤ人=金融寡頭独占者=ロスチャイルド=イルミナティ=悪魔主義者)は全員死刑というところだが、ぼくは死刑廃止論者なので終身刑でいいとは思う。ただ、財産はすべて没収だ。拝金主義の彼らにとっては、死刑になることよりもつらいことだろう。とにかく、現在世界のほとんどの経済を支配している奴らは完全に頭が狂っている。現在の70億の人口を10分の一にしようと本気で考えているのだ。結論を...

  • ぼくの新作マンガ

    今週は、「まんが王国鳥取 国際マンガコンテスト」というのが8月31日締め切りで、ぼくはギリギリの8月30日に速達で郵送した。実は去年も応募したのだが、賞にかすりもせず、すっかり忘れてい頃に事務局から案内が送られてきた。今回のテーマは「奇跡」ということで、当初ぼくはストーリー漫画を構想していたのだが時間がなく、結局1コマ漫画を2作品送るだけになってしまった。本当は後で紹介する1コマ漫画の応募作品の一つとして...

  • あるブラック企業の話

    今週はBナビという会社のWEBライターの研修に4日間も使ってしまったが、この会社の評判が悪いという事を連れ合いから聞き、自分でも調べてみたがやはりそうらしい。最初はWEBライター募集ということで1記事500文字を300円で釣って、そのうちネット・ショップをやらないかと勧誘してくるそうだ。ぼくも「あなたは素晴らしいライターなのでぜひネットショップをやって欲しい」とすでに勧誘された。後で考えるとすべて納得できるのだ...

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード