FC2ブログ

大原美術館の謎(1)

ぼくにとって大原美術館の謎は、なぜ倉敷のような片田舎に世界的な印象派の絵画が多数あるのかということだったが、今回40年ぶりくらいに再訪し、納得がいった。

大原美術館の公式サイト(大原美術館)によると
「大原美術館は、倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家大原孫三郎が、前年死去した画家児島虎次郎を記念して昭和5年に設立した、日本最初の西洋美術中心の私立美術館です。
日本美術のコレクターでもあった孫三郎は、親しい友人虎次郎の才能と、美術に対する真摯な姿勢を高く評価し、三度にわたる渡欧をうながします。虎次郎は、そこで制作に励むかたわら、孫三郎の同意のもと、日本人としての感覚を総動員してヨーロッパの美術作品を選び取るという作業に熱中します。
明治の気骨を持つ虎次郎の選択は、東洋の感覚と西洋美術の精華との真剣勝負でした。彼は、エル・グレコ、ゴーギャン、モネ、マティス等、今も大原美術館の中核をなす作品を丁寧に選び、倉敷にもたらします。」
とあって、これだけだと児島虎次郎は倉敷の大実業家・大原孫三郎をクライアントとする西洋画のバイヤーと誤解しがちだが、美術館にある説明をよく読むと、美術関係では虎次郎が孫三郎を説得して良い西洋美術品を日本に輸入したようだ。
それというのも、ぼくも40年ぶりくらいに大原美術館に行って初めて児島虎次郎の絵画をじっくりと鑑賞したのだが、彼は間違いなく日本の近代西洋画家のトップだと思う。しかも画風はルノアール風だが筆力はルノアールより上だ。なぜ、日本の美術史上でそれほど有名でないのかは謎だ。
それはともかく、それほどの超一流の画家である虎次郎が当時先見の明を持って購入(実際に金を払ったのは大原孫三郎だが)した美術品だからこそ、一地方実業家であった大原の下に、現在では天文学的価値のある印象派の絵画等を集めることができたのだろうと納得したわけだ。

和服を着たベルギーの少女(児島虎次郎)
蜈仙ウカ陌取ャ。驛酸convert_20181001004008
スポンサーサイト

明後日は倉敷へ

最近、郷里の四国・香川県に帰省することが多くなったことは以前のブログ(安芸の宮島に行った(1))でも書いたが、今回の帰省前の観光は倉敷だ。倉敷は会社に入ったころ、今の連れ合いと初めて行ったような気がするが、その後行った記憶はない。もし、それ以来だとするともう40年以上になる。倉敷と言えば、何といっても大原美術館が素晴らしい。東京にいても常設で大原美術館以上の印象派の傑作は見られないような気がする。もちろん今回も大原美術館には密着するつもりだ。

大原美術館
螟ァ蜴溽セ手。馴、ィ_convert_20180925230904
セザンヌ

不思議な出来事

不思議な出来事というのはあるもので、ぼくのブログ(FC2の日記・その他部門)が今日初めて88,765人中100位を切った(93位)ことだ。

20180924FC2繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー_convert_20180924193719

超有名ブロガーだった故飯島一郎氏がぼくのブログを取り上げてくれた時でも、やっと200位を切ったくらいが最高記録だったので、驚いた。
昨日アップしたのは、「公認心理師試験騒動(2)」と「大地震は来る。それも近いうちに。」というタイトルの2記事で、「公認心理師試験騒動(2)」は一部の人しか興味がないと思われるので「大地震は来る。それも近いうちに。」にアクセスしてくれた人が多かったのだろうと思う。
内容は本当にだれでも知っているような事柄なので、ぼくとしても以外なのだが、逆に考えると「大地震は来る。それも近いうちに。」と考えている人が多いのではないのだろうか。
前回の拙ブログ「大地震は来る。それも近いうちに。」で書き忘れたことは、絶対に倒れてきそうな家具の下で寝てはいけないということだ。また、家が古い場合は、寝室だけでも補強するか、さもなければベッド(布団)回りだけでもガードすることだ。例えばベッド(布団)を囲う天蓋について、近所の木材加工会社とか金属加工会社に相談してみるといいと思う。ちなみにぼくのベッドルームでは倒れてくる家具は皆無だし、他の部屋もほぼ100%地震対策を施している。
最後に「地震保険」は最近高くなっているとはいえ、まだ未加入の方にはぜひ加入することをオススメする。もちろん、ぼくは損害保険会社とは無関係だ。


大地震は来る。それも近いうちに。

いつ、どこ、なのかはもちろんわからないが、ぼくがリサーチしているネット上の複数のサイトではかなり切迫(1年以内)しているようだ。
一般の家庭で用意できるのは、水、非常食料、卓上コンロとボンベ、スマホ用の充電器(乾電池用)と乾電池、簡易トイレ、くらいだろうが最低1週間くらいの備蓄があれば安心だ。それにかかる費用は1万円程度だろう。1年以内に来なければ良し、その後も「備えあれば憂いなし」だ。
ぼくも明日から徐々に備蓄していこうと思う。

「公認心理師」試験騒動(2)

ぼくは8月28日に(「公認心理師」試験騒動)という記事(「公認心理師」試験騒動)を書いたが、その後の顛末を報告する。以前書いたように、ぼくの連れ合いは臨床心理士で、「心理カウンセラー」としてすでに25年以上のキャリアを積んできたが、国家が公認する「心理カウンセラー」になるためには新しくできた国家試験である「公認心理師」試験をパスしなければならない。
この9月9日が試験日だったが、連れ合いは複数の予備校の速報の回答例を見て、合格ラインの正答率60%ギリギリだったようなのですっかり落ち込んでいた。同時に受験した臨床心理士さんも鬱状態になった人が多かったそうだ。
ところが最近発表された最も権威のある予備校の回答例によると、連れ合いは正答率70%を超えていたようなので、急に元気を取り戻した。
実際に本当に合格したかどうかは11月30日の合格発表を待たなければならないが、とりあえずぼくとしてはほっとしている。

一般財団法人 日本心理研修センター

公認心理士

「男はつらいよ」最終作(第48作)について

ぼくは9月14日の拙ブログで津山について書いた「津山観光記」が、今回「男はつらいよ」最終作(第48作)のDVDをツタヤから借りて観たところ、確かに過去に観たことがあった。ただ、津山のロケ地と言われているところは映画の中でも冒頭の「美作滝尾駅」を除けば一瞬であって、この前行ったばかりのぼくでも良くわからなった。(冒頭の「美作滝尾駅」に続いてクレジットタイトルが出るが、その背景のお祭りシーンが津山市内の景観保護地区だとわかったのはDVDを2回目に見た時だ。)この映画では津山は因習深い田舎として描かれていて、市民ではないぼくも市民にはお気の毒という気がした。
それはともかく、今回改めて「男はつらいよ」最終作を観て涙が出た。映画の出来自体はいいのだが、やはり寅さん演じる渥美清も監督の山田洋二も共演者もスタッフもこれが最後の「男はつらいよ」だと分かっているような雰囲気で、寅さんの「レクイエム」のようだったからだ。

「男はつらいよ」48作(最終作)に関するユーチューブ

選挙は人の手で

今回のアベ勝利もぼくからすれば当然の事だ。なぜならばここ数年の重要な選挙(おそらく2010年の民主党代表選挙からすべての国政選挙、自民党総裁選挙、都知事選挙等)は、すべて不正選挙の疑いが強いからだ。
今回ぼくのブログでは詳しく触れないが、今の選挙は民間企業がコンピュータを使って開票を請け負っている。それもムサシ(ムサシ・エンジニアリング)という会社が80%くらいのシェアを持っているということだ。ちゃんと入札しているのか?それよりも開票を民間企業に任せるというのはいつから合法なのか?しかもムサシの大株主はアベという話もある。
もし、ぼくのこの記事にご興味を持っていただいた方はグーグルで「ムサシ、不正選挙」でググってほしい。山のように状況証拠が出てくるはずだ。
このような状況のままでアベ政権が進めようとしている憲法改正案が国民投票になった場合、当然ムサシが不正な投票結果を出して政府案に決まることは間違いない。
選挙も国民投票も民間に委託すべきではなく、コンピュータを介在させるのでもなく、時間がかかろうが(民主主義は時間よりも公正が重要)ちゃんとした人間(選挙管理委員)の手によって開票すべきというのがぼくの主張だ。

彼岸花を見に行った

彼岸花と言えば埼玉県日高市の巾着田が有名だが、そこから学んで彼岸花畑を作ったのが、ぼくの家から車で10分ほどの「府中郷土の森博物館」だ。「府中郷土の森博物館」は本館以外に広大な公園を持ち、四季ごとにいろいろな花が楽しめる。
今日はちょうどシーズンの「彼岸花」を見に行った。ぼくは巾着田には行ったことがないし、彼岸花畑も見たことがなかったので、大変感動した。近所の方は今週中は楽しめると思うので、ぜひオススメします。

「府中郷土の森博物館」入口
IMG_0946_convert_20180917210947.jpg

彼岸花畑
IMG_0953_convert_20180917211116.jpg

白い彼岸花
IMG_0957_convert_20180917211302.jpg 

彼岸花の歴史
IMG_0954_convert_20180917211414.jpg

サムハラ神社について

以前、サムハラ神社奥宮にお参りしたことを書いた(「加茂サムハラ神社奥宮」に行った!)がサムハラ神社について、改めて詳しく書こうと思う。
ぼくがサムハラ神社のことを知ったのは、保江邦夫という人の本(「神様とつながった電話」)だった。保江邦夫という人は著書の紹介によると「1951年岡山生まれ。UFOの操縦を夢見る宇宙少年は東北大学で天文学を、京都大学大学院、名古屋大学大学院で理論物理学を学ぶ。その後ジュネーブ大学で理論物理学科講師、東芝総研究所研究員を経て82年からノートルダム清心女子大学教授。理学博士。」とあるから、非常に高度な頭脳を持った人であることは確かだ。おまけにのこの人は合気道の達人でもあるらしい。この人が書いた「神様とつながった電話」という本を読んで、ぼくはサムハラ神社に興味を持ち、大阪の「サムハラ神社」に2年前に行き、今回津山の奥の院(本宮)にも行ったわけだ。
前回の記事も書いたように「加茂タクシー」の女将にたくさんもらった資料から、もっとも分かりやすいものを以下に掲載する。


CCF_000025-001_convert_20180916213801_20180916220114015.jpg
CCF_000025-002_convert_20180916213825.jpg CCF_000025-003_convert_20180916213849.jpg CCF_000025-004_convert_20180916213912.jpg CCF_000025-005_convert_20180916213941.jpg CCF_000025-006_convert_20180916214010.jpg CCF_000025-007_convert_20180916214033.jpg CCF_000025-008_convert_20180916214052.jpg 

 CCF_000025-009_convert_20180916214114.jpg 
CCF_000025-010_convert_20180916214144.jpg CCF_000025-011_convert_20180916214205.jpg 

神様につながった電話

津山観光記

今回津山に行ったのは「サムハラ神社本宮」を訪れるのが最大の目的だったので、「サムハラ神社本宮」を訪れた後の津山観光はぼくにとってはオマケだった。「サムハラ神社本宮」のある美作加茂駅から津山に戻ったのはまだ朝の9時30分前だったが、駅に置いてある観光案内書は地図がなかったり、あっても縮尺がわからなかったり、いい加減なのだ。そこで駅員に教えてもらって観光案内所に行って情報を仕入れることにした。そこでわかったことは、「津山駅」から観光地へは徒歩では結構遠いということだ。だからといって公共交通機関が便利というわけでもない。そこでぼくは電動アシストのある自転車を借りることにした。3時間600円だ。これは大変役に立った。3時間以内にぼくは津山市の代表的観光地をほとんど回った。たぶん15~20kmくらいは走ったかな?津山観光は電動アシスト自転車をオススメします。
ところで、津山は映画「男はつらいよ」の最終話(48作)に出てくるロケ地ということで、各所に撮影場所跡があったのだが、ぼくは記憶にない。映画は見たような気もするし、見てないような気もするので、今日思い切って近所の蔦屋に行ってDVDを借りようとした。ところが店頭にはなくて本部かどこかからお取り寄せになってしまったのだ。図書館で言えば開架図書にはなくて書庫から取り出すようなものか。ぼくもすっかり書庫の人間になってしまった。

城東町町並み保存地区
IMG_0899_convert_20180914202355.jpg
IMG_0903_convert_20180914202519.jpg

津山城(建物は天守閣ではなく、櫓。天守閣は明治政府に破壊されてしまったとのこと。明治政府は野蛮だったのだ。)
IMG_0913_convert_20180914204144.jpg

津山城展望台から津山市街の眺め
IMG_0926_convert_20180914202753.jpg

衆楽園
IMG_0932_convert_20180914202932.jpg

津山のB級グルメ・ホルモンうどん(ただし価格はA級800円、味は焼うどん。三分の一食べた後、思い出して撮影。)
IMG_0935_convert_20180914205724.jpg

「サムハラ神社」奥宮に行った!

先日、「サムハラ神社奥宮」に行ってきますと報告した(「サムハラ神社」奥宮に行ってきます)が9月7日の朝に実現できた。
東京方面からだとバスタ新宿から夜9:45発のマスカット号に乗ると翌日の6:35に津山駅に到着する予定だったが、実際には6:15分くらいには到着したので、イートイン可能な50m先のファミリーマート(駅構内のセブン・イレブンは評判が悪いしイートインもない)でトイレに行ったり、腹ごしらえをする時間があった。JR「津山駅」発サムハラ神社最寄り駅の「美作加茂駅」(因美線)行きは6:42発の後は11:35発しかない。一方JR美作加茂駅」から「津山駅」行きは8:56発の後は13:34発しかない。「津山駅」と「美作加茂駅」は25分くらいで、ぼくが「美作加茂駅」に到着したのが7:10くらいだったのでわずか1時間40分そこそこの間にいかに「美作加茂駅」から「サムハラ神社」奥宮にお参りしてまた「美作加茂駅」まで帰れるか思案したが、結局徒歩では無理と断念してタクシーを呼ぶことにした(「美作加茂駅」から「サムハラ神社」奥宮まではタクシーで10分、徒歩で40分くらいか)。駅員が教えてくれたのは「加茂タクシー」(☎0868-42-3020)だったが、15分くらい待って少し苛ついていたところ、上品な中年の女性が普通車に乗ってやってきた。それが加茂タクシーの女将さんだったということは後で知った。行き先はあらかじめ「サムハラ神社奥宮」と告げていたし、、帰りも「サムハラ神社奥宮」に来て欲しいとお願いした。タクシードライバー(女将さん)は快く引き受けてくれ、「サムハラ神社奥宮」前の駐車場に到着してタクシーを降りる時に「サムハラ神社」の資料をたくさんいただいた(その中の手書きの地図を作成するのに少し時間がかかったようだ)。そこから徒歩で10分ほど歩き、やっと念願の「サムハラ神社奥宮」に到着し、無事参拝することができた。「サムハラ神社奥宮」を訪れた時に感じたのは、その引き締まった神気というものだろうか。ここには神様がいると確信した。大阪の「サムハラ神社」でも感じたが、奥宮はまた格別だ。
「サムハラ神社奥宮」にお参りした後、隣の金毘羅神社にもお参りし、元あった「サムハラ神社奥宮」の場所や展望台を見学しているうちに1時間くらいはあっという間に過ぎて帰りの時間になった。帰りのタクシーも同じ人と思いきや若いハンサムな男性だったので「さっきの運転手さんはもしかしてお母さん?」と失礼な質問をしたところ、「義理の母です。ぼくはマスオさんです。」と答えてくれた。なんでも富山の人らしい。
それはともかく、「サムハラ神社奥宮」は機会があればぜひ訪れて欲しい。ちなみにこの日はこの地は雨の天気予報だったが、サムハラ神社の御利益なのか奇跡的に雨は降らなかった。

津山駅
IMG_0845_convert_20180912224220.jpg

美作加茂駅
IMG_0856_convert_20180912221037.jpg

サムハラ神社門前
IMG_0863_convert_20180912222608.jpg

サムハラ神社本宮
IMG_0864_convert_20180912222815.jpg

展望台から見た美馬作加茂駅方面
IMG_0879_convert_20180913135457.jpg

「サムハラ神社」奥宮に行きます

3週間前に帰省したばかりなのだが、老母と同居している兄がまた3泊4日で上海に旅行するということで、その間(7日~10日)帰省することになった。習慣になってしまったが帰省の前の観光地として今回は岡山県津山市を選択した。
なぜ津山市かというと、ここには「サムハラ神社」の奥宮があるのだ。大阪にある「サムハラ神社」は知る人ぞ知る、厄除けで有名な神社だが、ここはその奥の院ということで、決心しないとなかなか行けない所だと思っていたが、調べてみると意外と簡単に行ける。
ぼくの今回の計画では明日(9月6日)バスタ新宿から出る21時45分発の高速バス(関東バス)に乗れば9月7日の6:35には「津山駅」に到着する。「津山駅」からJR西日本因美線で「サムハラ神社」の奥宮の最寄り駅「美作加茂駅」までは1時間くらいのようだ。しかも「美作加茂駅」からは歩いて30~40分、タクシーだと5~6分というのだから楽勝だ。
もっとも、「津山駅」から「美作加茂駅」への列車は1時間に1本くらいのようだが(笑)。ただ7月に襲った西日本豪雨で因美線が開通したのは8月27日なのでとてもラッキーだといえる。
というわけで明日からブログはお休みし、その報告は9月11日以降になります。

サムハラ神社発祥の地
サムハラ神社奥宮

タネは人類の糧

ある種のユダヤ人(もちろん偽ユダヤ人=金融寡頭独占者=ロスチャイルド=イルミナティ=悪魔主義者)は全員死刑というところだが、ぼくは死刑廃止論者なので終身刑でいいとは思う。ただ、財産はすべて没収だ。拝金主義の彼らにとっては、死刑になることよりもつらいことだろう。とにかく、現在世界のほとんどの経済を支配している奴らは完全に頭が狂っている。現在の70億の人口を10分の一にしようと本気で考えているのだ。結論を先に書いてしまったが、奴らが企み、日本の売国奴政治家がやろうとしている事の重要な案件について一つ紹介する。
モンサントやバイエルがユダヤ系の極悪企業だということは知っていたが、実はぼくはタネについは無知だったので下記の番組は勉強になった。絶対にタネは遺伝子操作のものを日本に入れてはいけない!

ぼくの新作マンガ

今週は、「まんが王国鳥取 国際マンガコンテスト」というのが8月31日締め切りで、ぼくはギリギリの8月30日に速達で郵送した。
実は去年も応募したのだが、賞にかすりもせず、すっかり忘れてい頃に事務局から案内が送られてきた。
今回のテーマは「奇跡」ということで、当初ぼくはストーリー漫画を構想していたのだが時間がなく、結局1コマ漫画を2作品送るだけになってしまった。
本当は後で紹介する1コマ漫画の応募作品の一つとして「人類:奇跡の生物」という題でアインシュタインの肖像を書こうとしていたのだが、ブラック企業のWEBライター募集に時間が取られてダメになってしまった。
ブラック企業とは金輪際付き合わないぞ(笑)!

「地球」:奇跡の惑星


「宇宙」:奇跡そのもの
CCF_000023-001_convert_20180901215305.jpg

「人類」:奇跡の生物=未完

アインシュタイン

あるブラック企業の話

今週はBナビという会社のWEBライターの研修に4日間も使ってしまったが、この会社の評判が悪いという事を連れ合いから聞き、自分でも調べてみたがやはりそうらしい。最初はWEBライター募集ということで1記事500文字を300円で釣って、そのうちネット・ショップをやらないかと勧誘してくるそうだ。ぼくも「あなたは素晴らしいライターなのでぜひネットショップをやって欲しい」とすでに勧誘された。後で考えるとすべて納得できるのだが、「あなたの記事は素晴らしい。すでにあなたの記事のおかげで商品が●万円も売れました」とか「マージンは50%以上」とか言われて、ぼくもついその気になっていた。だが、ネットショップを開店するのにはBナビに50万円払わなければならないらしいし、開店しても当然売り上げが保証されるわけではない。今では集団訴訟も起こされているようで、典型的なブラック企業だ。こんな会社が大手の人材募集会社にも紹介されているわけだから、日本は本当に狂っている。
「貧すれば鈍する」というが、皆様もお気をつけください。