トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「朝堂院大覚」師のネット放送が面白い

「朝堂院大覚」師のネットニュースが面白い。
ここ3ヶ月くらい夕食を作る時にずっと聞いてきたユーチューブの桂米朝師匠の落語もほぼすべて聞いたので、別のコンテンツを探しているのだが、今、「朝堂院大覚」という人のネットニュースが面白い。
ぼくは以前から朝堂院大覚とベンジャミンフルフォードが出演している「国家非常事態宣言」というネット番組はたまに見ていたのだが、最近は朝堂院大覚単独でネットニュースを流している番組が多くなってきた。
朝堂院大覚という人はウィキペディアによると

朝堂院 大覚(ちょうどういん だいかく)は松浦 良右〈まつうら りょうすけ〉、1940年〈昭和15年〉12月9日 - )が使用している自称武道総本庁総裁であり、空手道本庁宗家家元であり、団体を立ち上げている。
武道に秀でおり、居合道警視流の宗家家元、剛柔流空手道九段。
インターネットTVの連合組織である日本ネットTV報道協会をつくり、総裁に就任。日本維新の会総裁。東亜ビル管理組合顧問。「全アジア条約機構推進委員会」委員長。

ということだそうで、いかにも胡散臭い大物右翼・フィクサーというイメージがするが、番組を見てみると筋金入りの左翼かと思うような発言をしているので面白い。
もっとも「右翼」「左翼」というコトバの定義自体あいまいだし、そういうコトバを作ったのは現代の世界支配層だという話もある。
「オレは右でも左でもない、下や」というギャグがあるが、僕自身もそうだと思っている。
それはともかく、一度ごらんあれ。

貧乏労働者、低所得が多い時代に税金で贅沢をする政治家 【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 ホワイトハウス 2017/07/14




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード