トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

太ってはいけない

ぼくがほぼ毎日チェックしているブログに「ネットゲリラ」というのがあって昨日は「音楽映画特集」( ネットゲリラ「音楽映画特集」 )で「サウンド・オブ・ミュージック」を紹介していて、子役で出演していたアンジェラ・カートライトについて触れていた。彼女はテレビドラマの「宇宙家族ロビンソン」にも出演していて僕も大ファンだった。それでいま彼女はどうしているのだろうかとグーグルで調べたのだがそれがいけなかった。

サウンド・オブ・ミュージックの頃
hqdefault[2]_convert_20170808130420
images[3]_convert_20170808132233

宇宙家族ロビンソンの頃
d59197ba_640[1]_convert_20170808132046

たぶん近影
depositphotos_15919597-stock-photo-angela-cartwright[2]_convert_20170808130652

武士の情け(笑)で近影の顔のアップ写真は載せなかったが、あまりの変わりようにすっかりがっかりした。
彼女は1952年生まれだそうだからもう65歳なので老けるのは仕方がないが、余計なお世話かもしれないがこんなに太らなくてもいいのではないかと思うのだ。
人間の性(さが)というのは悲しいもので、美味しいものを一杯食べたいという欲望は誰にでもあり、特にお金に不自由していない人はどうしても食べすぎるのかもしれないが、ぼくはお金に不自由しているので美味しいものを食べすぎることはない(笑)。
それはともかく、ぼくも会社に入ってから急に太ったことがあった。学生時代よりは金回りもいいし、飲む機会も多かったからだ。学生時代は大体60㎏だった体重が2年くらいで65㎏くらいまで増えこのままではまずいと思っていたところ、たまたま沖正弘という人の書いたヨガの本に遭遇した。沖正弘師は「粗食の小食」が重要と説いていた。ぼくは「粗食」とまではいかなかったが「小食」の方は実践し、ヨガも実行したところ、体重が減り始め62~63㎏くらいまで落ちた。ヨガの方はしばらくして止めたが、「小食」を続けているうちに胃袋が小さくなったのかたくさん食べられなくなった。
50台前半までは大体62~63㎏を維持していたが、50台中頃に馬鹿が上司になってからストレスのためかまた太りだし、一時は67㎏くらいまで太ってしまった。その頃たまたま連れ合いの腰痛がひどくなり、その改善のためぼくも一緒に市立体育館のジムに週に一度通い始めた。
あれから6年近くなるが連れ合いの腰痛も改善し、ぼくの体重も順調に減少し、2年前に定年退職してからは週に3回のウオーキングを始めたこともあって今は学生時代の60㎏に戻った。
定年退職してからは食生活も変わった。それまで朝食はトーストと紅茶だったがトーストを止め、自家製ヨーグルトと紅茶にした。また昼食は会社にいたころは仲間とよく社員食堂で食べたが、今は前日の残り物と茶碗半分くらいのご飯とかインスタントの麺類で済ませることが多い。夜は好きな物を自分で作って普通に食べるがご飯はほとんど食べない。その分酒は飲む(笑)。
とにかく食べ過ぎることが病気の原因にもなるし、スタイルも悪くなるし、いいことは全くないのだが、一日3食しっかり食べる人は間違いなく食べすぎだ。マスコミは一日3食しっかり食べましょうというがあれは広告主の食品会社に忖度(笑)してウソを垂れ流しているのだ。ただし、未成年は腹も減るしどれだけ食べてもいい。
とりあえず読みやすい下記の本を紹介するので、図書館で借りるかアマゾンで買うかしてぜひ読んでいただきたい。




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード