トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

爆笑!江戸落語(2)

今日も古今亭志ん朝さんの落語を聞きながら夕食を作っていたのだが、志ん朝さんの爆笑できる落語の2番目(爆笑!江戸落語 参照)に出会った。
それは「今戸の狐」という噺だ。まくらは博打の説明だがそこをよく聞いておけば、後半は爆笑の連続だ。

「今戸の狐」


おまけだが、古今亭志ん朝さんの「崇徳院」も聞いた。これももちろん面白いのだがやはり桂米朝さんにはかなわない。ただ、米朝さんの落語にはなかった「落ち」がちゃんとあるのだ。ぼくが仮説として書いた「江戸落語の方が落ちで笑わせる」(江戸落語と上方落語のちがい)というのはまんざら出鱈目ではなかったようだ。

「崇徳院」
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード