トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「深夜食堂」に嵌ってしまった

「深夜食堂」は前から見たいと思っていたが、なんせ放送も深夜なので見るチャンスがなかった。ところが今年の初めに「深夜食堂」の劇場版映画が上映され、また、ぼくの好きなブロガーの一人の亀さん(ブログ名:人生は冥途までの暇潰し)が主人公の小林薫のファンということもあって、蔦屋でテレビドラマ版のDVDを古い順番に借りて見ている。(劇場映画版もDVDで貸出しになればもちろん見るつもり。)
これが、とっても面白い。
毎回一つの料理をテーマにドラマを絡めていくのだが、話が面白く、30分番組なので展開も早い。また、毎回冒頭に流れる歌や劇中に流れる音楽もいい。もちろん主役のマスターを演じる小林薫の演技力も素晴らしい。

でも僕はここでは陰の主役である料理に触れてみたい。
このドラマに登場する料理は肉じゃがやロールキャベツやギョーザのようなだれもが家庭で食べている普通のおかずです。
しかし、それが本当に美味しそうなのだ。
以前「かもめ食堂」という映画(これも家庭料理が準主役)を見て、素朴な日本料理が本当に美味しく表現されていたので、もしやと思って調べたら、やはり料理をコーディネートしていたのは飯島奈美という同一のフードスタイリストだった。
そこで早速飯島奈美の料理本を取り寄せてざっと目を通したのですが、これが結構手がかかるレシピなのだ。
うちは共働きなので、僕は週に1~2回、20年以上料理を作ってきたので大抵の普通のおかずは作れるのですが、飯島奈美のレシピは面倒くさそうでまだ挑戦できていない。
でも、本当に美味しいおかずを作るには、飯島奈美のレシピのように手間をかけないといけないのだろうと反省し、近々チャレンジしてみようと思う。




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード