FC2ブログ

今年の遠出計画

2018年の正月前半はぼくにとって実に穏やかな日々だった。こういう穏やかな日々がずっと続いてほしいものだ。
今のところ今年遠出する予定は3月に鹿児島で高校の同窓会、4月に香川に帰省、6月に軽井沢でゴルフ、10月に香川に帰省、11月に富山で大学の同窓会くらいかな。
直近の鹿児島での同窓会は鹿児島市内の観光がメインだが、ぼくは前日から鹿児島県入りしてある場所に行くことにしている。そこは「串良航空基地」跡だ。今年94歳になる母の兄がここで戦死(病死)した話をよく母から聞いていたので一度はお参りしたいと思っていたところ、たまたま同窓会が鹿児島で開催されることになったので行くことにした。
母は2男3女の5人兄弟(母は2女)だったが、次兄は戦時中に招集され、串良航空基地で働いていたが戦死(病死)し、長男と妹は戦後結結核でなくなった。姉は長生きしたが3年前に94歳で亡くなり、母は今や兄弟の中で一人になってしまった。次兄はとても無口な人だったようだが母は慕っていたようだ。母が良く話してくれた話によると戦時中は国鉄の切符が大変取りにくく、母の兄が串良航空基地で病気になった時に両親(ぼくの祖父・祖母)が駆け付けようとしたけてれどなかなか切符が取れなかったらしい。母は当時代用教員をしていた関係で旧国鉄の最寄り駅の琴平駅長と面識があり、お願いしたところすぐに切符を入手することができて両親は息子のもとに行ったということだ。母の両親は串良で息子に面会し、だいぶ良くなったということで祖父は先に帰り、祖母も後から帰ったのだが、その後に息子の死の知らせが来たということだ。ぼくはその後の話を聞いていないが、たぶんあのやさしかった祖母はなぜもっと一緒にいてやらなかったのかと後悔し悲しんだだろうと思う。

串良平和記念公園
Kushiraheiwa.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント