FC2ブログ

尾道センチメンタル・ジャーニー(3)

今回の尾道旅行の最大の目的は、もう30年以上前に亡くなった親父が50数年前にぼくを尾道に連れて行ってくれた記憶をたどることだった。記憶といっても千光寺ロープウエイと頂上の展望台(2階がレストラン、3階が展望台)のレストランで食べたハムエッグしかないのだが。
志賀直哉旧居から天寧寺をお参りして少し歩くと千光寺ロープウェイの乗り口「山麓駅」だ。昔の記憶は全くないが思っていたよりもずっと小さな駅だ。しかし、ロープウエイから見る市街の景色は絶景だ。そしていよいよ展望台に到着。

 山麓駅(左は「艮神社」)      ロープウエイから見た市街地  千光寺公園展望台

IMG_0544_convert_20180429182610.jpg    IMG_0534_convert_20180429182342.jpg   IMG_0523_convert_20180429182456.jpg


遠望台に到着して、早速思い出のレストランへ。ところがそこはレストランというものではなく、高くて不味そうな観光地の食堂になっていた。半世紀以上経っているのだからしようがないよな。ただ景色の良い客席はそのままで、ぼくはハムエッグはあきらめて、唯一の客として生ビールを飲みながら往時を思い出し、尾道の景色を堪能した。
この展望台も近いうちに建て替えになってずいぶん現代的な建物になるようだ。残念だがぼくもその方がいいと思う。なぜならエレべーターもないし、トイレも貧弱だし、現代にこのまま存続することは無理だと思った。(続く)

 往時が残る食堂内部         痛い食堂内部       痛い食堂のメニュー
IMG_0525_convert_20180429200703.jpg   IMG_0532_convert_20180429200831.jpg  IMG_0528_convert_20180429200905_2018042920150944c.jpg

             千光寺公園展望台から見た尾道市街  
IMG_0533_convert_20180429203131.jpg  







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント