FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

尾道センチメンタル・ジャーニー(5)

「朱華園」を出て薬師堂通りを海側に少し歩き、左折したところに「おのみち歴史博物館」とその裏手に「おのみち映画資料館」がある。「おのみち歴史博物館」に行くと「おのみち映画資料館」とセットで500円というのでセット券を買う。結論から言うと「おのみち歴史博物館」はぼくには退屈だったが「おのみち映画資料館」はそれなりに面白かった。しかし、「東京物語」の小津安二郎監督と広島市出身の新藤兼人監督の展示はあるのに、尾道三部作の大林亘彦監督は全く展示がない。むしろ尾道を有名にしたのは大林監督だと思うのだが。尾道市と大林監督の間に何かあるのだろう。

             おのみち映画資料館(ウイキペディアより)
縺翫・縺ソ縺。譏逕サ雉・侭鬢ィ1_convert_20180502121917 縺翫・縺ソ縺。譏逕サ雉・侭鬢ィ3_convert_20180502121943 縺翫・縺ソ縺。譏逕サ雉・侭鬢ィ2_convert_20180502122010

おのみち映画資料館を見学した後、すぐ前の海岸通りを東に向かって歩く。目的地は「東京物語」のロケ地になった「浄土寺」だ。大林監督の尾道3部作にもたびたび登場するということだが、ぼくは覚えていない。
海岸通りを歩くと尾道水道に多くの漁船が係留されていて、とても雰囲気がある。

             潮風の香りのする海岸通り
IMG_0551_convert_20180502123713.jpg  IMG_0552_convert_20180502123620.jpg

歩くこと約20分ようやく浄土寺の山門に到着。山門の上に山陽線が通っていてここも映画に良く登場するようだ。

                       浄土寺山門                                     浄土寺境内
IMG_0553_convert_20180502125234.jpg  IMG_0555_convert_20180502125318.jpg

浄土寺を出て元の道を尾道駅方向に歩く。途中「東京物語」に登場する老舗旅館「竹村家」と「住吉神社」の石灯籠を見学する。(続く)

                      竹村家                                             住吉神社の石灯籠
IMG_0560_convert_20180502130425.jpg  IMG_0561_convert_20180502131139.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード