トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

原発廃炉費用・一億総負担

2016年9月21日の東京新聞朝刊によると、国は全原発の廃炉費用を国民全員に負担させる方針という。原発電力を拒否し新電力と契約した国民も例外ではない。
この記事の内容そのものはネットや新聞の片隅に小さく出ていたこともあって「ご冗談でしょ」と思っていたのだが、新聞の一面に出てくるということは政府は本気でこういうことを考えているということだ。
もしもこのようなことが強行されるならば、現在においてもすでに破壊が進んでいる日本の民主主義と自由主義は完全に崩壊してしまう。要するに日本はファシズム国家あるいは共産主義国家になるということだ。
民主主義と自由に価値をおく国民としては絶対にこれを許してはならない。
この「原発の廃炉費用は国民全体の負担」という発想は戦時中の「一億総玉砕」、戦後直後の「一億総懺悔」と同じで「一億総負担」と言っていい。ただ、「一億総玉砕」と叫んでいた戦争の中心的当事者が敗戦の責任を国民全体になすりつけて「一億総懺悔」と言い、本人は戦後もちゃっかり支配層となってぬくぬくと生き延びてきたことを決して忘れてはならない。


CCF20160921_0002-001.jpg

CCF20160921_0001-001.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード