FC2ブログ

選挙は人の手で

今回のアベ勝利もぼくからすれば当然の事だ。なぜならばここ数年の重要な選挙(おそらく2010年の民主党代表選挙からすべての国政選挙、自民党総裁選挙、都知事選挙等)は、すべて不正選挙の疑いが強いからだ。
今回ぼくのブログでは詳しく触れないが、今の選挙は民間企業がコンピュータを使って開票を請け負っている。それもムサシ(ムサシ・エンジニアリング)という会社が80%くらいのシェアを持っているということだ。ちゃんと入札しているのか?それよりも開票を民間企業に任せるというのはいつから合法なのか?しかもムサシの大株主はアベという話もある。
もし、ぼくのこの記事にご興味を持っていただいた方はグーグルで「ムサシ、不正選挙」でググってほしい。山のように状況証拠が出てくるはずだ。
このような状況のままでアベ政権が進めようとしている憲法改正案が国民投票になった場合、当然ムサシが不正な投票結果を出して政府案に決まることは間違いない。
選挙も国民投票も民間に委託すべきではなく、コンピュータを介在させるのでもなく、時間がかかろうが(民主主義は時間よりも公正が重要)ちゃんとした人間(選挙管理委員)の手によって開票すべきというのがぼくの主張だ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント