FC2ブログ

東電を征伐しよう!

東京電力は2011年3月11日に起こった東日本大地震を起因として、福島第一原子力発電所の亡国的な事故を起こした。
現在、当時のトップの責任を問う裁判が進行中だが彼らは一切自分たちの過失(故意?)を認めない。
東電の経営陣は今でも彼らの主張の延長上に言い訳しているのだろうが全く情けない。

AERA dot
aera.jpg

東電の中にも良識を持った人は大勢いるのだろうが、東電には一旦つぶれてもらったほうがいいと思う。
いずれにせよ電力会社は必要なのだから、東電の良識派は生き残ってほしいと思うが、東電という会社は無くなった方が日本のためだ。
そこで、この主張に賛成してくれる人のために、ぜひしていただきたいことは実に簡単だ。
まだ東電と契約している人は新電力と契約することだ(東電との契約解除は新電力会社がやってくれる)。ぼくは2年以上前に東電との契約を解約して東ガスと契約しているが、10~15%は電力料金が安くなった。おそらく、他の新電力会社と契約すると同じくらいは安くなると思う。
東電に反感を持っている家庭にとって、電力料金が安くなるうえに極悪企業の東電の経営基盤を破壊することができるというのは一石二鳥だし、東電に反感を持ってない家庭でも電気料金が安くなるのはメリットがある。
おそらく家庭の3割が東電との契約を解除すれば、東電も経営が危うくなって、今までの考え方(例えば原子力発電優先)を改めるのではないだろうかと思う。
もちろん東電だけではなく、地方の既存電力会社も同様だ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント