トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

思い出の映画②サウンド・オブ・ミュージック

「サウンド・オブ・ミュージック」は天国のような映画だ。
冒頭、ヘリコプターから撮影したと思われるアルプスの上空から次第に地上(といっても丘)に接近し、ついにその丘の花畑でジュリー・アンドリュースが歌い始めるシーンが何度見ても素晴らしい。
ぼくは中学1年の時、英語塾の先生に「エーデル・ワイス」の歌を教えられてこの映画のことを知ったのだが、初めてリバイバルで見たのは高校時代だったような気がする。その後もビデオやテレビで何度か見たと思うが、何度見ても映像も音楽も本当に素晴らしい。(後半、ナチスの脅威の話は本来この映画の目的だったかもしれないが、ロバート・ワイズ監督は見事にそのあたりを割愛しているところがいい!)
何かの本で読んだと思うが、主人公のマリヤ役には最後までオードリー・ヘップバーンも残っていたようだ。オードリーのサウンド・オブ・ミュージックも見たかったなあ。
それにしても映画が公開された1965年当時はこんなにハッピーな映画が製作できた時代だったんだなあと思うにつけ今の時代とのギャップを考えてしまう。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード