トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

思い出の映画③道

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの「道」を見たのはマンガのとおり中学生2~3年生っだった。
巨匠の作品だということは知らずに見たのだが、その時はそれなりに感動した思う。
ただ生意気にもジェルソミーナ役のジュリエッタ・マシーナの演技は凄いと思ったが、ジェルソミーナ役としては少し年を取りすぎているのではないかと思った記憶がある。もちろん彼女でなければこの映画は成功しなかったとは思うが。
あと、敗戦後のイタリアが日本と同等かそれ以上に貧しいと感じたのはカルチャーショックだった。
それはともかく、年を取って観るほど涙腺が緩むのは名作のゆえか老化のせいかよくわからないが、今見たら号泣すると思うので当分見る気はない。フェデリコ・フェリーニ監督の作品で「道」と同じくらい好きな作品は「アマルコルド」だ。機会があればまた紹介したい。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16:いやぁ、映画って本当にいいもんですね~ by 亀さん on 2016/11/25 at 17:02:11

てくのぱぱさんが、そんなに映画好きとは思わなかったどす。

淀川長治ではないんですが、ホント「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」と言いたくなりますね。

良い記事をありがとうございました!

亀さん@既に今宵は一π、一Π、また一杯…

17:Re: いやぁ、映画って本当にいいもんですね~ by YUKI on 2016/11/26 at 10:40:57

> てくのぱぱさんが、そんなに映画好きとは思わなかったどす。
>
> 淀川長治ではないんですが、ホント「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」と言いたくなりますね。
>
> 良い記事をありがとうございました!
>
> 亀さん@既に今宵は一π、一Π、また一杯…

亀さん

本業(翻訳業)でお忙しいところわざわざコメントをいただきありがとうございました。励みになります。

若い時(特に高校の時)は良く映画館に行きましたね。田舎の映画館なので少し古くなった洋画を2本立てで上映していました

が、あらかじめ「スクリーン」という映画専門月刊誌で双葉十三郎氏の「ぼくの採点表」をチェックして70点以上なら見に行く

というような方針だったので効率的に良い映画を見ることができました。

今は映画館に足を運ぶこともめっきり減りましたが、年末・年始に上映される「続・深夜食堂」と「スター・ウォーズ・エピソー

ド8?」は見に行こうと思っています(^^;)。

急に寒くなりましたが、お体に気をつけてお仕事を頑張ってください。

※追伸
余計なことですが、「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」は水野晴郎のセリフで淀川長治は「サイナラ、サイナラ、サイナラ」でした。ちょっとしたミスに突っ込みを入れてすみません。








18:訂正ドーモ! by 亀さん on 2016/11/27 at 13:36:19 (コメント編集)

> 「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」は水野晴郎のセリフで淀川長治は「サイナラ、サイナラ、サイナラ」でした。

あっ、本当だ。言われてみれば確かに…(^^); 今、淀川長治と水野晴郎の顔とセリフが一致しましたぁ~♪


「いやぁ、〝我が良き友へ〟って本当にいいもんですね~」

「サイナラ、サイナラ、サイナラ」

亀さん拝

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード