トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

映画の思い出⑤禁じられた遊び

ルネ・クレマン監督の「禁じられた遊び」は日本での公開は1953年9月6日(ウィキペディア)というからぼくの生まれる2年以上前の作品だ。当然、ぼくはずっと後にテレビ放映でたぶん中学生の時に見た。
第2次世界大戦終了から数年しかたってない時代に、というかそういう時期だからこそ表現できた強烈な反戦映画だと思う。
ただ今思うと、ただの反戦映画でははなくて、少年と少女が小動物のお墓を作るというのがこの映画の重要なテーマの一つだったが、人間だけではなく生けとし生きるものの「いのち」の大切さをクレマン監督は伝えたかったのかもしれない。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード