トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

思い出の映画⑩千と千尋の神隠し

成人の日(1/9)に柏に住む長男宅に生誕約6か月の初孫(女の子)に会いに行った。
肖像権の問題(笑)もあるのでここには公開できないけれど、ベイビーというのは一般的に可愛いが自分の孫となるとひとしお可愛い。長男のベイビー時代にそっくりな顔つきなので余計にそうなのだろう。
まあそんなことでブログの更新が遅くなってしまったが今日やっと「思い出の映画」シリーズ最終回(10回目)をアップすることができた。
「千と千尋の神隠し」の公開は9.11事件のあった2001年で、マンガにも描いたようにぼくにとっても転機になった年だった。
当時ぼくは大手ゼネコンの本社の購買部門の部署にいて順風満帆のサリーマン生活を送っていたのだが、2001年の2~3年前に就任した新社長とぼくの所属する部署長が部署の方針をめぐって対立し、結局、部署長以下管理職全員が左遷されるという事件があった。部署長が左遷されるのはいた仕方がないにしても、その部下全員を左遷するというのはどういうことなのかいまだにわからない。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということか。
それはともかく転勤先は全く経験のない支店の建築営業ということで、何をすればいいの分からず、部下たちも迷惑だったろう。そんな中でも「地獄に仏」ということはあるもので、落ち込んでいたぼくを励ましてくれた先輩もいて今も親しくつきあっている。転勤半年後、その頃産声を上げていたPFIグループに所属して水を得た魚のようにコンペに没頭したが、その頃は苦しくとも充実した日々だったし、その頃の上司・同僚とも今もおつきあいをしている。建築営業のPFIグループでの仕事も3年くらいで終わりを迎え、その後土木の営業で10年余り過ごすことになるのだが、それはまた別の機会に。





スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード