トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ウソのようなホントの話

昨日はエイプリル・フールだったが、ぼくにも「ウソ!」という事態が起こった。
朝起きて朝食をとり、その後連れ合いを駅まで送るというのがぼくの毎日の日課で、その時は当然免許証と財布を必ず携帯するのだが、昨日は家を出るまで財布が見つからなかったのである。家に戻ってじっくり探せば必ず見つかるだろうと思い午前中ずっと家の中の思い当たる場所をすべて探した。ところが見つからないのである。まさにキツネにつままれたような心境だった。
一昨日も日課どおり連れ合いを駅まで送ったのでその時に財布を落した可能性もゼロではないと思い、一応交番に届を出し、クレジットカード会社や銀行に紛失を伝えた。そして昨日の夜には家人も協力してくれ、より広い範囲で財布の捜索が実施されたのだがやはり発見できなかった。
今朝はあきらめて、ほとんど家の外で落としたのだろうと思っていたところ、何げなく机の下にあるキャスター付きのデスク・ワゴンを移動してみると、なんとその下に財布を発見したのだ!

発見当時の財布(奥の黒いもの)
IMG_4607_convert_20170402220223.jpg

実はこのデスク・ワゴンは昨日の午前中も移動してその下にはにないことを確認していた(後で考えると、デスクワゴンと床の隙間が財布の厚さとほぼ同じなので、デスクワゴンと一緒に財布も移動したとも考えられる)。
そもそも、机の下のさらにデスクワゴンの下に財布が入り込む可能性としては、一旦財布が床に落ちた上で前面か右面からデスクワゴンの下に滑り込ませる以外に方法はない。

普段のデスククワゴンの位置(机の上からは隙間がなく落ちる可能性はゼロ)
IMG_4608_convert_20170402220307.jpg

そこでぼくは、推理した。

推理①ぼくが無意識に財布を床に落とし、さらに蹴とばしてキャスター付きデスクワゴンの下に入れた。

推理②ぼくが無意識に床に落とした財布、または誰かが床に落とした財布をさらに誰かが蹴とばしてキャスター付きデスクワゴンの下に入れた。

推理②の場合、「誰か」が問題になるのだが、一人(というか一匹)思い当たるのだ。

もうすぐ4歳になるオス猫の「マメ」
IMG_4605_convert_20170402222322_20170402222520bb0.jpg

家人は絶対に推理②はあり得ない、マメに罪を着せるなどあんまりだと言っているが、最近マメは夜明け近くになると一人で運動会をしているのでぼくは密かに疑っている。

まあ、大事な財布が出てきたのはラッキーだったとしてこれ以上詮索するのはよすことにしよう。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード